よしきよの積立て投資の話

早期リタイアでサイドFIRE生活を満喫するブログ主が、初心者さん向け資産運用情報を発信中!主に積立投資の話を投稿しています。

にほんブログ村 投資ブログへ
ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いいたします。
(o*。_。)oペコッ

毎月分配型を更にダメにした投資信託?『アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース』がなぜ人気なのか分かりません。

f:id:katsurao:20211127140210j:plain

なぜ人気なの?『アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース』

タイトルにある投資信託は、私が趣味で某店舗型証券会社の購入金額ランキングをチェックしていた時に見つけたものです。

ちょっと調べた所、この投資信託は悪名高き毎月分配に加え、購入手数料最大3.3%信託報酬1.7%超と保有コストも割高でお勧めできない投資信託でした。

「どうせ投資初心者の人が窓口で勧められたんでしょ?」と思いましたよね。

私もそう思って大手インターネット証券の投信ランキングもチェックしてみたのですが、並み居る優良インデックスファンドの中に混じってこの投資信託が有るじゃないですか・・・???
( ̄▽ ̄)マジデ?

というわけで今回は投資信託の積立で、サイドFIREを達成したブログ主が難癖を付けまくる記事です。

購入検討中の方は是非とも参考にして下さい。

広告

『予想分配金提示型』のどこにメリットが?

目論見書によると投資先として 高い利益成長もしくは持続的な利益成長の可能性が高いと判断される企業を発掘しますと書かれています。ようは「なんか米国の儲かりそうな企業に投資します」という事ですね(笑)

保有コストも信託報酬が純資産総額に対して年率1.727%、買付手数料最大3.3%と割高ですね。

人気の理由は間違いなく『予想分配金提示型』という分配金の支払い方法なのでしょうが。

分配金額が予想できるだけ?

『予想分配金提示型』による分配金の支払額は、投資信託の基準価格で決まります。

基準価格が高い場合は分配金を多く支払い、逆に基準価格が下落すれば分配金が支払われない場合も有ります。

以下、目論見書から↓↓↓

f:id:katsurao:20210919161451j:plain

出典:『アライアンス・バーンスタイン米国成長株投信D』目論見書から

もともと分配金というものは預金や債券違って、支払いが約束されたものではありませんから分配額がコロコロ変わるのが普通です。

予想分配金提示型と銘打っている事からも、この分配額を「ある程度予想できる」という事が売りなんでしょう。

しかし、予想できた所で何かメリット有るんでしょうか?

毎月分配金をもらえる訳じゃない!

毎月分配金が欲しい人には基準価格が下がった場合に分配金が無くなるのは大きなデメリットです。

又、「生活費に使うから」等の理由で分配額を前もって知りたい場合でも、毎月定額分配の投資信託の方が魅力的でしょう。たとえタコ足配当だとしてもです。

ググって見た所、ある金融記事で「毎月分配型は必ず分配金を出すので長期の資産形成に役立たない。その為、下落時に分配金を出さない予想分配金提示型に人気が集まっているとの金融記事を発見・・・

????長期で資産形成したいなら
最初から分配金の出ない投信を選ぶでしょ!!!

www.katsurao.info

分配金を貰った後はどうするの?

基準価格が高い時に分配金が出るという事は、少しづつ利益確定しているのと同じです。しかし、自動で利益確定された分配金を受け取った後、その現金をどうするつもりなんでしょう?

「少しずつ利益確定して現金で保有、次の暴落時に買い増し・・・」なんて高度な事が出来るんだったら、投資信託の分配金なんぞに頼ることなく、利益確定の時期を自分で判断できると思いますが(笑)

そもそも毎月分配金が出る投資信託はダメ!!!

私は予想分配金提示型を含め、毎月分配が出る投資信託を絶対に買いませんし、他人に勧めることもありません!

それは分配金は税金的に不利になる、せっかくの複利効果が使えない等の大きなデメリットがあるからです。

もちろん、老後の年金生活をしている方など、毎月決まった額が口座に振り込まれる投資信託に需要が有ることも承知しています。しかし、それは毎月必要な分だけ売却すれば済む事でしょ?

毎月分配型はコストが高すぎ

分配金を出さない優良投資信託の保有コストはせいぜい0.2%程度でアライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dの1.7%と比べると圧倒的に安いです。

資産1000万円なら、1.5%の差は15万円ですよ!!!

もし仮に銀行で投資信託の自動定期解約サービス15万円の手数料でやっているとしたら申し込むんですか???

私なら楽天証券の定期売却サービスは手数料なしで利用できるので、そちらを利用します。

定期売却サービスが使える楽天証券の口座開設ページ↓↓↓楽天証券

基準価格は低迷中です。

f:id:katsurao:20210920130155j:plain

他の投資信託と基準価格を比較(直近3年):楽天証券の銘柄比較を使用

せっかくなので基準価格の推移についても注目してみましょう。

『分配金を出す=基準価格が下がる』ですから当然のようにNASDAQS&P500 の、分配金を出さないインデックスファンドにボロ負けしています。

プロが運用するアクティブファンドだから分配金を貰ったうえで、尚且つインデックスファンドに匹敵する運用成績を・・・なんて事はありませんよwww

広告

まとめ:毎月分配型の数少ないメリットを放棄した投資信託!

今回注目したアライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコースは保有コスト割高な投資信託で、最大の売りである予想分配金提示型も大きなメリットはありません。

更に、基準価格の上げ下げで分配金額がコロコロ変わり、最悪分配金0円の可能性もある為、毎月現金が銀行口座に振り込まれるというメリットもなくなりました。

つまり予想分配金提示型の投資信託は、自動で現金が銀行口座に振り込まれるという、毎月分配型の唯一のメリットを放棄したダメダメ投資信託なのです。

どうしても買いたいなら還元率の良い証券会社で

とはいえ、熟考した結果「どうしてもこの投資信託が欲しい」と言うなら仕方ありません。

それならば少しでも保有コストを安くするために、ポイント還元率の良い証券会社で購入して下さい。

信託報酬が高い投資信託を保有するのに、当ブログが一押ししているのは松井証券です。

今年(令和4年)から還元率が10%アップしましたので、『アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信D』の場合だと、保有額の年0.495%がポイント還元されます。詳しくは下にリンクが貼ってある別記事で取り上げていますのでそちらをご覧ください。(出来れば考え直して普通のインデックス投資信託を買って欲しいのですが・・・)

松井証券の口座開設手順を記事にしています。↓↓↓

www.katsurao.info

↓↓↓保有コストが高めの投資信託は、還元率の良い松井証券で買いましょう。↓↓↓www.katsurao.info

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
ブログランキングに清き一票を!

広告