よしきよの旅と投資の話

予定よりも早くサイドFIREに突入した独身貴族のブログ主です!総資産4400万円でどこまで優雅な生活を送れるのか?我が愛車「ロイヤル エンフィールド(インド製)」を駆っての旅や投資情報を発信中!

↓↓↓おすすめ記事↓↓↓

我が愛車『ロイヤルエンフィールド』の母国、インドに投資したいのにできません。国産メーカーなら数千円で出来るのに!

ロイヤルエンフィールドの製造メーカーに投資したいのに

最近、インド株投資について情報収集(スマホをポチポチ)しておりました。

あぁ「インドは人口増加が見込まれて未来有望だからね」と思ったベテラン投資家の皆様、ちょっと違いますよ。

実は私がインド製バイクのロイヤルエンフィールドに乗っているので、製造元である自動車メーカー『アイシャー・モーターズ』に応援投資ができないかと悩んでいたのです。
( ̄д ̄)/ソレダケカヨ

このブログは資産運用情報と主にバイクを利用した旅の情報を提供しているので、読者の方にはライダーの方が多いと思いますが、愛車のメーカーの株を持っていらっしゃいますか?

今回の記事では私の愛車の母国『インド』に投資する方法を探してみたり、バイクメーカの株に少額で投資する方法を書いています。

ライダーの皆様方はこの記事を読んで、バイクメーカーの株主に成ってしまいましょう。

すぽんさーりんく  

個別株では「ロイヤルエンフィールド」に投資できない

まず、ロイヤルエンフィールドの製造メーカーに投資したくても、日本人が直接インド株を買うとなるとレベルが高すぎるので、とりあえず比較的ハードルの低い米国市場のADRで投資できないか調べてみました。(私の投資レベルは、せいぜいベギラマを覚えた程度なのですwww)

ADRとは米国預託証券と呼ばれる、米国の株式市場で米国以外の企業の株を間接的に買うことが可能で、SBI証券など米国株を扱っている証券会社で購入することが出来ます。(詳しくはググって下さいね)

残念ながらインド株のADRで扱われている自動車メーカーは有名な『タタ モータース』だけでした。

『アイシャー・モーターズ』はあまり大きな企業じゃないんですかね?インドのバイクメーカ事情に詳しい方がいらしたら、コメント欄で教えていただけると嬉しいです。
(o*。_。)oペコッ

ADRに投資できる:SBI証券に口座開設
SBI証券[旧イー・トレード証券]

『ロイヤルエンフィールド』には投資できないけど「インド株」に投資するには

『ロイヤルエンフィールド』の製造メーカーに応援投資をすることは出来ませんでしたが、せっかくなので日本からインドの株式市場に投資できないものかと調べてみました。

米国市場でADRの購入

まずは上記のADR、インドの会社が米国の株式市場に上場されているので、米国株を買うのと同じように取引できハードルは低いですね。

投資初心者でも「タタモータースの株を買いたい」と思えば簡単に買うことが出来るでしょう。

しかし、取り扱われている企業が少ないです。(SBI証券で買えるインド株ADRは8銘柄)

更に、管理費用がADR保有残高に応じて掛かるので普通の株式に比べてコストが余計にかかります。

ロイヤルエンフィールドを製造している『アイシャー・モーターズ』が上場する等、どうしても特定の銘柄を保有したい場合を除いて積極的に利用する事もないでしょうね。

インド株の投資信託はコスト高すぎ!

個人投資家が簡単に海外に投資するのに、もっとも簡単な方法は投資信託ですが、残念なことに投資したいと思うインド株式のファンドは見つかりませんでした。(泣)

投資できない理由はもちろん保有コストです!!!

SBI証券の投資信託検索ページで、「国際株式・インド」で調べたところ27件がヒットしたのですが、検索条件に信託報酬1.1%以下を設定すると一気に0件に成ってしまいました。

まぁこれは予想通りですね、米国以外の海外に投資する投資信託はどこもこんなもんです(笑)

せっかくなので、その中で最もコストが安かったiTrustインド株式のコストを調べてみました。結果は↓↓↓こんな感じです。

f:id:katsurao:20210718131334j:plain

画像出典:iTrustインド株式(運用報告書2021年3月15日決算)より。

毎年1.65%分の資産が減っていくとなると、とても許容範囲ではありません。

この投資信託はファンド・オブ・ファンズという、投資信託に投資するタイプの投資信託で信託報酬以外のコストが高くついています。

松井証券の信託報酬一部還元サービスを利用して0.2%の現金還元を受けたとしても年1.45%のコストではダメダメですね。

松井証券の信託報酬還元サービスを利用するなら↓↓↓から口座開設松井証券

インド株のETFでも若干割高感が・・・

投資信託は保有コストが割高でしたが、ETF(上場投資信託)でもインドの株式市場全体に投資する事が出来ます。

NEXT FUNDS インド株式指数・Nifty 50連動型上場投信

『NEXT FUNDS インド株式指数・Nifty 50連動型上場投信(1678)』  
信託報酬 0.95%(税抜き) 為替ヘッジ無し 分配金利回り 0%

インド株に投資する国内ETFで、買付価格は一株210円前後(令和3年7月18日)、売買単位は100、買い付けるには通常2万1千円が必要になります。

信託報酬が1%近いのでETFにしては割高です、日本でインドの株式市場に投資しようというなら、これくらいのコストは支払わないといけないんですかね。

なお、ここ数年の騰落は↓↓↓こんな感じです。

f:id:katsurao:20210719214229p:plain

青線:インド株の国内ETF  赤線:NYダウ30の国内ETF

インド株といえば、「将来の成長が期待されるバリバリの新興国」というイメージがあったのですが、米国株と比べると意外と伸び悩んでいるんですね。
(゚д゚)!マジ?

ウィズダムツリー EPI インド株収益ファンド

米国ETF(EPI) 信託報酬 0.84% 為替ヘッジ無し 分配金利回り 0.71%

続いてインド株に投資する米国ETF、信託報酬は0.84%とまずまずですが、こちらもNYダウにボロ負けです。

f:id:katsurao:20210720201546p:plain

青線:インド株の米国ETF(EPI)  赤線:NYダウ

買い付け価格は34ドル前後、国内ETF(1678)に比べ信託報酬が若干有利なものの、米国ETFの売買手数料や円とドルの両替手数料を考えると一概に有利とも言えません。

SBI証券で買付けた場合、両替と売却時に手数料が掛かります。

為替の両替手数料:片道1ドルにつき25銭(住信SBIネット銀行を利用すれば1ドルにつき4銭)
売買手数料:約定代金の税込0.495%

通常、米国ETFを買い付け場合、売買手数料が掛かるのですが、SBI証券は一部の米国ETFが買付時手数料無料になっており、EPIも無料枠に含まれています。

SBI証券で買付け手数料が無料になる米国ETF

  • VT バンガード トータル ワールド ストックETF
  • VOO バンガード S&P 500 ETF
  • VTI バンガード トータルストックマーケットETF
  • IVV iシェアーズ S&P 500 ETF
  • SPY SPDR S&P 500 ETF トラスト
  • EPI ウィズダムツリー インド株収益ファンド
  • DHS ウィズダムツリー米国株高配当ファンド
  • DLN ウィズダムツリー米国大型株配当ファンド
  • DGRW ウィズダムツリー米国株クオリティ配当成長

※無料になるのは買付時だけなので、売却時には普通に手数料が掛かります。

どちらにしてもインド株投資はおすすめしない?

インドは人口が増えGDPも伸びる事が予想されています、割安なコストで投資できるなら十分検討の余地があるでしょうが、今の割高コストでは厳しいですね。

私の場合は単純に「愛車のバイクを製造しているインドに投資をしたい」という遊び心ですが、利益を出すことを目的にした普通の投資なら、わざわざ割高なコストを払ってまでリスクの高い新興国のインドに投資しなくても「米国株で良いんじゃね?」って思いますよ。

それでも愛車の製造メーカーに投資したい。

株で利益を出すのを度外視して、愛車メーカーに投資している俺になりたいけど、「カスタム費がかさんで、株買うお金なんて無い!」とお嘆きの方々には、LINE証券の利用をおススメします。

通常の株式投資は100株単位で買付ける必要があるため多額の資金が必要ですが、LINE証券のサービス「いちかぶ」なら1単位での購入が可能です。

ちなみに令和3年7月20日時点の株価は↓↓↓

  • インド株ETF :   210円
  • HONDA   :3,381円
  • YAMAHA  :2,616円
  • SUZUKI  :4,371円
  • KAWASAKI:2,228円
一株単位で買える証券会社の手数料比較

一株単位の株式売買手数料(210円で売買した場合)

LINE証券 
買付時円、売却時円 
往復0.4%、1円未満の端数切り上げ

マネックス証券
買付時円、売却時52円 
売却時のみ税込0.55%(最低手数料税込:52円)

SBIネオモバイル証券

月の取引額が50万円まで月額220円(期間限定Tポイントを200P貰えるが、取引がなくても支払う必要がある)

LINE証券がマネックス証券やSBIネオモバイル証券よりも有利ですね、なお、LINE証券いちかぶ」の手数料方式はスプレッド方式を採用していて、市場で売買される価格から手数料分の価格をずらして売買されます。詳しくは↓↓↓

f:id:katsurao:20210719164637j:plain

インドETF(1678)はグループAなのでコスト0.2%:(画像はLINE証券HPから)

小銭で投資を始めましょう(笑)LINEポイントも使える。
LINE証券

まとめ

自分の乗っている愛車のメーカーに投資したいと思っているライダーの方は多いと思います。

私の愛車はインド製バイク『ロイヤルエンフィールド ブリット500EFI』なので製造メーカーに直接投資する手段がありません。

残念ながらインドの株式市場全体に投資するETFで我慢することになりそうです。

しかし、国産バイクに乗っているのでしたら数千円で株主に成ることが出来ます。

バイクのオーナーに成った次は、バイクメーカーのオーナーを目指しましょうwww

バイクの記事だけでなく資産運用の記事も書いていますよ。

ツーリングの記事はこちら、アイコンが初代新幹線になっているのは気にしないで下さいwww↓↓↓

投資信託の一部信託報酬、還元サービスやってます。松井証券

少額から投資を始めましょう!LINEポイントを使って投資も
LINE証券

ネット証券最大手:SBI証券の口座開設
SBI証券[旧イー・トレード証券]

 

洗練されたソロキャンパー向けギアブランド【ZEN Camps】

 すぽんさーりんく