よしきよの、「つみたて投資、止めるのやめましょう!」

早期リタイアでサイドFIRE生活を満喫するブログ主が、初心者さん向け資産運用情報を発信中!主に積立投資の話を投稿しています。

⇩+:;;;;;;:+⇩+:;;;;;;:+⇩【おススメ記事】⇩+:;;;;;;:+⇩+:;;;;;;:+⇩

Network | Basic usage

【QYLD】を判りやすく解説①10%越えの高分配?上昇はしませんが、暴落はするんですよ!

f:id:katsurao:20220109144527j:plain

【QYLD】年利10%の分配金に目がくらんでませんか?

2022/9/17加筆修正

YouTubeやブログで投資情報を収集していると『QYLD』なる米国ETFの名前を頻繁に見かけるようになりました。

しかし、SNSのコメントを観ていると、勘違いして投資をされている方が多いようですね。

  • ナスダックの値上がり分を、分配金で貰える。
  • ナスダックの値上がり益を放棄しているんだから、株価が下落してもQYLDは下がらない。

等など、これ間違いですからね。

中には「このETFでFIRE生活が近づく!」なんて書き込みも有りました。いや、むしろFIREを目指す人が絶対に買っちゃいけないETFですよこれ!

今回の記事は勘違いして買っている人が多いと思われるQYLDについてまとめました。ぜひ最後までお付き合いください。

広告

『QYLD』の特徴を説明できますか?

『QYLD』を「なんか良く分からないけど、高分配のETF」といった感じで保有している方が多いと思いますが、簡単?に説明すると以下の通りです。

『QYLD』はカバード・コール戦略を実施するETFで、ナスダックの株式を購入し、それと同一価格のコール・オプションを売却する事で、オプションプレミアムを受け取り、利益を出します・・・

?ですよねぇー(笑)、という訳でまずは用語解説からいってみましょう。

知っていなければいけない『QYLD』の用語解説

コール・オプションとは確実に株を買うための『掛け捨て保険』

まずはコール・オプションです。これは『定められた日に、定められた価格で株式等を買う権利』の事です。

株価が上昇しても、最初に契約した価格で確実に買うための保険と思って下さい。

どうしてもA社株を100万円で買いたい人がいる。

例えば、1月1日時点でA社の株価が100万円だったとしましょう。

鈴木さんは、どうしてもA社株を買いたいでんすが、2月1日にならないと100万円を準備できません。
しかし、コール・オプションという保険を掛けていれば、たとえ2月1日のA社株が150万円だったとしても、100万円でA社株を買う事が出来るのです。

鈴木さんはこの掛け捨て保険に、5万円までなら払っていいと思っていました。

A社株が100万円より安くなると予想する人がいる。

ところ変わって、本田さんは「2月1日時点でA社の株価は90万円まで下がるだろう」と予想していました。

そんな時に『5万円の保険料を払ってでも、A社株を確実に100万円で買いたい鈴木さん』に出会ったのです。

ここで二人の利害が一致します。

  • 鈴木さん:掛け捨て保険料として5万円を支払ってでも、A社株を100万円で買いたい。
  • 本田さん:どうせA社の株価は90万円だから、5万円で掛け捨て保険を売れば儲かる。

オプションプレミアムとは『コール・オプションの価格』のこと

この例ではコール・オプションを5万円で取引していますが、この5万円をオプションプレミアムといいます。

オプションプレミアムは時間と値動き幅で決まる

オプションプレミアムは主に権利を行使する期日までの長さと、株価の値動き幅(ボラティリティ)で変動します、期日の株価が予想しづらい時ほど高くなると思っていれば間違いないでしょう。

  • 期日までの期間が長いほど高くなる。
    明日の株価より、1か月後の株価を予想する方が難しいですよね。そのため、期日が遠ければ遠いほど、オプションプレミアムは高くなっていきます。
  • 値動きの幅が大きいほど高くなる。
    殆んど値動きの無い日本国債の価格より、ナスダックの方が予想しづらいですよね。同じ期日でも値動きが激しい株の方がオプションプレミアムが高くなります。
  • 他にも株式の需給や短期金利等も影響します。

売る側は損失無限大!

それではコール・オプションの取引が成立した二人の損益グラフを見てみましょう。

 青:鈴木さん、コール・オプション買い 赤:本田さん、コール・オプション売り

株価が100万円以下なら誰も損しない。

2月1日の株価が100万円以下なら、鈴木さんは株式市場で普通にA社株を買います。

鈴木さんは保険料を支払ったので損失5万円ですが、A社株を手に入れることが出来たので満足です。

本田さんは保険料として受け取ったオプションプレミアム5万円の利益が確定します。

株価が値上がりすると本田さんが損する

グラフ表記では150万円までしかありませんが、極端な話、株価が1億円になってしまったら、本田さんは1億円でA社株を買って、100万円で鈴木さんに売却しないといけません。

本田さんは保険の売り手なんですから、何としても『A社株を鈴木さんに100万円で売る義務』が有るのです。

f:id:katsurao:20220109140233j:plain

カバード・コール戦略とは『コール・オプション売りの損失を限定する』投資手法

本田さんは株価が大きく上昇したので、大損してしまいましたが、もしも最初からA社株を持っていたらどうなっていたでしょうか?

「100万円で売る義務」は、既に保有していたA社株を100万円で売り渡すことで果たすことができます。

本来、1億円の価値が有るA社株を、たったの100万円で売り渡すわけですから、値上がり益を全て放棄することになりますが、破産する危険も無いわけですね。

『コール・オプションを売り、同時に株式を保有する』これがカバードコール戦略なのです。

これで『QYLD』が値上がり益を放棄する仕組みが分かりましたね、決してナスダックの値上がり分を分配金で貰えるETFでは無いんですよ。

株価の下落による損失が発生する。

さて「大損の心配が無くて、確実にオプションプレミアムを受け取れるなら良い事づくめじゃん!」と思いましたか?

残念ながら世の中そんなに甘くありません。A社の株式を保有する事により株価の値下がりリスクが発生してしまうのです。

f:id:katsurao:20220106170509j:plain

利益は最大5万円、損失は最大95万円

損益グラフを見てみましょう。コール・オプションを売っていても、カバード・コール戦略を実施すれば、株価がどれだけ上昇しようとも損失を被ることはありません。

最初に受け取ったオプションプレミアムのみが利益になります。

しかし、A社株が下落すれば損失を被ります。初めにオプションプレミアムを受け取っているので、相殺すれば若干マシになりますが、所詮はマシ程度ですね。

カバード・コール戦略とは

  • コール・オプションを売り、同時にその株式を保有する。
  • 株式の値上がり益を全て放棄し、オプションプレミアムのみで利益を目指す。
  • 株式の値下がりリスクは負うので、株価下落時は損失を被る。

株価が上昇しても利益は少し、下落した分はそのまま損失を被る。これが『カバード・コール戦略』です。

凄そうな名前が付いていますが、確実に儲かる投資方でも、絶対に損しない投資方でもありません、そんなものこの世に存在しないんですから。

広告

『QYLD』の勘違いを払拭していただけましたか!

このカバードコール戦略を1か月ごとに繰り返していくのが『QYLD』です。内容は難しいと思いますが、少なくとも『QYLD』に対する勘違いを払拭いただけたでしょうか。

  • ナスダックが上昇した分を、分配金で貰える。
  • 株価上昇の利益を放棄しているんだから、ナスダックが暴落しても下落しない。

このような勘違いをなされて『QYLD』を保有しておられた方は、即刻売却して下さい。

「今は順調だから」「もう少し様子を見てから」等と、保有し続けるのは賢明な投資家のやる事ではありませんよ。

自分の目論見が外れたと確定した時点で、損切りするのは投資の鉄則です。インデックス積立投資ではなく『QYLD』のような複雑な米国ETFに投資するようになった時点で、あなたはもう投資初心者から脱却しつつあるのですよ。

 

今回はここまでですが、次の記事で『QYLD』がどのような運用をしているかを記事にしていきます、是非そちらもご覧ください。

続きの記事はこちらからです。↓↓↓www.katsurao.info

どの証券会社があなたの投資スタイルに合っていますか?【米国ETF】www.katsurao.info

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
ブログランキングに清き一票を!

広告

プライバシーポリシー   お問い合わせ