よしきよの、「つみたて投資、止めるのやめましょう!」

早期リタイアでサイドFIRE生活を満喫するブログ主が、初心者さん向け資産運用情報を発信中!主に積立投資の話を投稿しています。

⇩+:;;;;;;:+⇩+:;;;;;;:+⇩【おススメ記事】⇩+:;;;;;;:+⇩+:;;;;;;:+⇩

Network | Basic usage

『レバナス』に投資で信託報酬が還元される。『松井証券』を利用して保有コストを安くしましょう。

f:id:katsurao:20220308171326j:plain

レバナス投資に『松井証券』をおススメ、保有コストが安くなる。

最近の投資情報界隈ではナスダックに投資するiFreeレバレッジ NASDAQ100(以下レバナスと表記)の情報が飛び交ってますね。

インデックス投資派の方でも「儲かるなら余剰資金でちょっと買っちゃおうかな?」と気に成ってしまうのも人情というものでしょうか。

私は既にサイドFIRE生活ですので、大きなリスクを取って大儲けを狙う必要はありませんが色々と調べてみました。

私にとって投資は趣味なのです(笑)

結果、もしも私が買付けするなら『松井証券』を利用するのが最善と判断しました。

この記事ではインデックス投資派の人が余剰資金でレバナスに投資するのに意外?にも『松井証券』を推す理由を書いています

「いま使っている証券会社で買えばいいじゃん?」と思っているそこのあなたも、この記事を最後まで読んでいただければ考えが変わっているはずです。是非とも最後までお付き合いください。

広告  

レバナスの信託報酬は安くない。

まずインデックス派の投資家が真っ先に気にするのが信託報酬でしょう。

レバレッジを使っている投資信託の保有コストが高いのは投資業界では有名な話ですからね。

レバナス:信託報酬:年0.99%
総経費率:年1.13%(2019年10月19日~2020年10月19日)

保有コストは1%程度で何とも微妙ですね・・・

0.1%程度の優良インデックス投資信託に比べれば「ぼったくり」と言いたくなるようなコストですが、信託報酬2%を超える謎のアクティブファンドと比べると良心的に見えてしまうのが不思議な感じですwww

積立をしている証券会社でレバナスを買っちゃダメ!

まず、松井証券を推す理由として、インデックス積立をしている証券口座でレバナスを買わない方が良いからです。

こう言っては何ですが、SBI証券や楽天証券に比べ、余り人気のない松井証券ですから、口座を持っている方も少ないでしょう。(松井証券さんゴメンなさい!)

新たにレバナス専用口座を作ってレバナス用資金だけを入金しておくのです。

もし積立てと同じ口座でレバナスを買ってしまうと、値上がりした時に「レバナスを買い増した方が儲かるんじゃ?」と誘惑に駆られてしまうんですよ。そんな時に買付余力に余裕が有ったら・・・ですよねぇ

松井証券で積立投資をされている方はスミマセン。
m(_ _"m)

松井証券ならレバナスの信託報酬が一部還元される。

次に、保有しているレバナスに掛かる信託報酬の一部を還元してもらえるからです。

ホームページによると、松井証券が受け取った信託報酬のうち、0.3%を超えた部分が現金又はポイントで還元されます。

目論見書によるとレバナスの信託報酬は0.99%、そのうち『松井証券』が受け取るのは0.435%だけですので、※現金還元率は0.135%(松井証券ポイントなら10%増の0.1485%)ですね。

※令和4年1月4日(火)より、「投信毎月現金還元サービス」がリニューアルされ、「投信毎月ポイント・現金還元サービス」に変わりました。

f:id:katsurao:20210705181904j:plain

↑↑↑の画像は松井証券のHPで確認した時のスクショです。

楽天証券でレバナスを保有するより有利

楽天証券でも保有している投資信託額に応じて楽天ポイントが付与されますが、レバナスの楽天ポイント付与率は10万円毎月に4Pですので、年率に直すと0.048%です、圧倒的に不利です。

「楽天カード買えばポイント1%貰えるでしょ?」と思う方もいるかもしれませんが、楽天カードの投資信託購入上限は月5万円です。(改悪されてしまいました)

カードの枠が余っているならインデックス投信の積立額を増やしてください、レバナスで遊んでいる場合じゃないでしょwww
※この記事は「インデックス投資をやってるけど、遊びでレバナスを買おうかな?」と考えている裕福層や小金持ちの方々に向けて書いていますのであしからず。

レバナスは安全なのか?

ナスダックは値動きが大きいとはいえ、基本的に上昇傾向にある株価指数です。

さらにレバナスはレバレッジを掛けているとはいえ、信用取引やFXと違い、大暴落で強制ロスカットをくらったり、資産がマイナスに成る事もありません。

たとえ教科書に載るような大金融危機が来たとしても、ひたすら少額積み立て&鬼ホールドを継続していれば利益を上げることが出来るでしょう。

そう考えると「安全にレバレッジ取引が出来る」と言えなくもありません。

まとめ:レバナスの積立は『宝くじ』枠で

レバナスは値動きが大きいのでインデックス投資家にとっては、資産運用の主軸にし辛い投資信託です。暴落時にパニック売りしてしまう危険が有りますからね。

しかし、以下の理由から余剰資金での少額投資なら、「宝くじ枠として有りかな」とも思います。

  • 世界経済は成長していくので、株価も上下を繰り返しながら上昇するはず。
  • 信託報酬が1%程度とアクティブファンドとしては悪くない。
  • 『松井証券』なら信託報酬一部還元サービスがある。
  • レバレッジ取引でもロスカットや追証が無い。

信託報酬は1%程度ですので松井証券の信託報酬還元サービスを利用しましょう。

レバナスで利益をあげられるかは大暴落のナイアガラ状態でいかに鬼ホールドできるかどうかに掛かっています、狼狽して叩き売ることのないように、買い付け後は完全放置してしまいましょうかwww

信託報酬の一部還元サービス、100年の歴史を持つ老舗証券会社松井証券

レバナス叩きのエンタメに巻き来れないように。www.katsurao.info

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
ブログランキングに清き一票を!

広告

プライバシーポリシー   お問い合わせ