よしきよの旅と投資の話

セミリタイア生活を満喫するブログ主が簡単な資産運用情報とインド製バイクでのツーリング動画を発信中!

↓↓↓おすすめ記事↓↓↓

『株価連動債券』は小さなリスクで確実にもうかります!証券会社がですが(笑)

f:id:katsurao:20210907202759p:plain

『株価連動型債券』はローリスクの素晴らしい金融商品です、売る側にとってですがwww

前回の資産運用記事で『損失限定型』なる投資信託をこき下ろさせていただきましたが、今回はついでに『株価連動債券』なる仕組債にスポットを当ててみたいと思います。

高利回りをうたった広告が某有名証券会社のHPに掲載されていたので、気に成っている方も多い事でしょう。

余談ですがサイドFIRE生活は趣味の一つである「金融広告に難癖をつける」時間が多く取れて素晴らしいですねwww

さて、結論から先に言うと『株価連動債券』への投資はおススメしません、それは投資家側がリスクだけを押し付けられて、販売している証券会社はノーリスクで儲けるだけの商品設計になっているからです!!!

今回の記事では『株価連動型債券』と称する金融商品が、いかに客に不利な商品設計に成っているかを書いてみました。

購入を検討している初心者の方は熟読を、ベテランの皆さんは毎度おなじみのアルアルねたとしてお楽しみください。

すぽんさーりんく  

株価連動債券』って何なの?リスクは?

株価連動債券』とは参照する株価によって、満期時の償還額が変動する金融商品(仕組債)のことです。
※『債券』となっていますが国債や社債とは全く違います。

満期まで保有する事で高い利回りが得られる可能性がある反面、参照株価が一定の価格(ノックイン価格)まで下落すると元本割れを起こしたり、逆に値上がりして早期に償還(払い戻し)されたりします。

もしもこんな『株価連動債券』があったら

  • 参照株式:株式会社○○産業
  • 発行体:✖✖銀行
  • 利率:年8.00%
  • ノックイン判定価格※1:当初株価の80%
  • ノックインした場合の償還額は参照株式の最終価格
  • 早期償還判定水準※2:当初株価の105%
  • 当初価格:20××年○○月✖✖日の株価終値
  • 期間:1年
    ※1 ノックイン判定価格:この株価まで下落しなければ元本割れしない。
    ※2 早期償還判定水準:この株価を基準日に超えていると満期前に返金される。

8%の高利回りは魅力的ですか?この『株価連動債券』に100万円を投資した場合の未来(リスク)を考えてみましょう。

  1. 8万円の利益(100万円の満期償還+利息8万円)可能性:
    ○○産業の株価が一度もノックイン価格まで下落せず、早期償還もされなかった場合。
  2. 8万円未満の利益(100万円の早期償還+償還前の利息)可能性:
    ○○産業の株価が早期償還判定されてしまった場合。
  3. 最大92万円の損失(最終株価+利息8万円)可能性:
    ○○産業の株価が1度でもノックイン価格以下になり、その後当初価格まで戻らなかった場合。
  4. 無限の利益の可能性(最終株価+利息8万円)可能性:奇跡的
    ○○産業の株価がノックイン価格以下になったが、その後に上昇に転じ満期時には当初価格より高くなった場合。

『株価連動債券』はリスクが少ないように見える『逆宝くじ』!

『可能性』は個人のイメージですが大きく外れていることは無いと思います。

殆んどの場合100万円がそのまま償還(返金)されて高利回りの利息が貰える、運が良ければ更に儲けられる。リスクが少なくて儲かるなら「悪くないじゃん」と思われましたか?

しかし、8万円より多く儲けるには、1年の間に株価が20%下落した後、35%以上の上昇が必要ですから、奇跡を待つようなものです。

『株価連動債券』は「殆んどの場合で小銭が手に入るけど、運が悪いと大損します」という『逆宝くじ』なんです。

数か月のうちに20%下落する株式なんて珍しくもありません。

もしも『90%の確率で8万円貰えるが、10%の確率で70万円の借金を背負うクジ』が無料で引けるとしたら、あなたは引きますか?

投資家がだけが高リスクを負うことに

普通の株式投資は企業が倒産すれば全額を失いますが、株価が上昇すれば利益は無限大です。ハイリスクハイリターンのバランスが取れた投資先です。

しかし、『株価連動債券』は儲けが少ないのに対し、損した時の金額だけが大きいと思いませんか?

リスクとリターンのバランスが明らかにおかしいですよね、なぜこんなことに成っているかというと、投資家だけがリスクを引き受けて、『株価連動債券』を売る側の証券会社はリターンだけを得ているからです。

ノックインしなければ誰も損しない平和な世界

下図は『株価連動債券』を取引した場合の証券会社と投資家の損益をグラフにしたものです。

f:id:katsurao:20210906182832j:plain

参照株価に関係なく100万円が償還される(利息は別途支払われます)

参照株価が一度も参照株価まで下落せずノックインしなかった場合、投資家は元本が償還された上に利息が受け取れます。

証券会社も債券の手数料や(オプション取引 )で得た利益から投資家に金利を支払うので儲けは少ないですが利益を出しています。
※証券会社の収入は「支払利息より多くなることは無いだろう」という私の勝手な予想で10としました、支払利息が8%なので・・・

すぽんさーりんく  

証券会社はノックインすると大儲けできる?

f:id:katsurao:20210906183950j:plain

証券会社の儲けは増える、投資家は大きな損失を負う可能性大

○○産業の株価が1度でもノックイン価格まで下落してしまうと、投資家に償還(返金)すべき額は株価に連動することになります。

つまり80まで下落(ノックインが確定)した後に株式を取得すれば、後は満期まで金利を支払うだけ、たとえ株価が50まで下落していようと満期時に保有している株を売却して返金すれば良いのです。

なお、証券会社は株価が80の時に株を買えば、客から預かった100万円との差額20万円が利益になりますからノックインした方が儲かるんですよ。

グラフを見ていただければわかる通り『株価連動債券』は証券会社(売る側)が圧倒的に有利になるようにできているんです!!!
(;一_一)ウラヤマシイ『株価連動債券』に限らず全ての仕組債も同じですがね。

なぜ早期償還されるの?

ノックインした方が証券会社が儲けられる事は分かって頂けたと思いますが、これが「早期償還」という特典?が有る理由です。

ノックイン判定価格は当初株価で決められていますので、株価が値上がりしてしまってはノックインラインから離れてしまい中々ロックインしてくれません!ロックインしてくれなければ証券会社も儲けられません。(笑)

そこで早期償還という謎特典で漏れなく一旦返金し、再び『株価連動債券』を購入するように勧めるのです。

  • 『株価連動債券』購入時
    当初株価:1000円
    ノックインライン:800円(当初株価の80%)
    200円の下落でノックイン
  • 2か月で株価が上昇
    参照株価:1300円
    ノックインライン:800円(ノックインラインは固定)
    500円の下落でノックイン
  • 新しい『株価連動債券』
    新しい当初株価:1300円
    新しいノックインライン:1040(新しい当初株価の80%)
    260円の下落でノックイン

参照株価が値上がりしてしまった『株価連動債券』だとノックインまで下落するのに00円下落する必要があるのに対し、早期償還して新しい『株価連動債券』を購入してもらえば260円の下落でノックインしてくれるのでとってもお得ですねwww

新しい『株価連動債券』は再購入されやすい

もちろん早期償還後に同じ『株価連動債券』を買ってくれるとは限りません、これは満期を迎えた場合も同じ事ですが、別の投資先に変更することも出来ます。

しかし、たちの悪い事にほとんどの場合で利益が出てしまうんですよ、この『株価連動債券』は・・・

特に早期償還は必ず利益が出た状態で償還されてしまいます。(元本と利息)

失礼ながら『株価連動債券』を購入する人は投資にあまり詳しくない人ですから、一度得た成功体験は強烈です、短期間で利益を出すことが出来た投資先を再び選んでしまう可能性が高いでしょう。

証券会社にとっては株価下落で損失を出すまで買い続けてくれる、上客となってくれるのです。

※私は証券会社の中の人ではありませんので実際にこんな取引をしているかどうかは分かりません、あくまでこういう取引が可能では?という事なので

途中で解約は大きな損失

満期前に投資する側の都合で解約することも可能なようですが、大きな損失を覚悟する必要があるでしょう。

大抵の場合、途中解約で損失が増える事が注意書き書かれています。

某有名証券会社のHPには「購入価格を大きく下回り、著しい損失が発生する可能性が有ります」と書かれていました。

わざわざ大きく下回りとか著しい損失とか書く時点で途中解約を気軽にできないのは想像が付きますよね。

こんな『株価連動債券』を購入してしまった直後に○○産業の社長が夜逃げしたらどうしますか?1年後の満期まで株価回復の奇跡を信じながら待つんですか?

そもそも、どんな状態でも株価の上昇を信じられるような超優良企業なら、普通に株を買った方が良くないですか???

実は高リスクの『株価連動債券』はおススメしない

普通の債券というものは発行している国や企業が破綻しない限り元本は保証されるのでリスクが低い金融商品です。

発行元が事業に失敗して多額の負債を抱えた企業であろうとも、倒産さえしなければ全額返って来ますからね。

しかし、『株価連動債券』は債券と呼ばれているものの全くの別物です。

  1. 株価暴落で大きく損する場合がある。
  2. ほとんどの場合で株価が上昇しても利益にはならない。
  3. 途中解約すると大損するのが確定している。

コレだけのデメリットを承知して、なお高利回りを狙いたいのならば購入を止めはしません。

米国株のインデックス投資でも年平均7%と言われますから、損失覚悟で勝負するのも手でしょう。

しかし、「損せずに高い利息を貰いたい」なんぞといった理由で購入しようとしているのなら自重すべきです。

はっきし言いますが、あなたは「自分で金融商品を選ぶことが出来るレベルに達していません!」、大切な自分のお金を投資する前に、書籍やYouTube、個人ブログを利用しまくって投資の知識を身に着けるほうを優先すべきですよ。

断言しますが投資系YouTubeやブログで『株価連動債券』等の仕組債を勧めている人はいません!

伝統的な投資先だけにしておきましょうか

高利回りで安全な投資先なんてものはこの世に存在しません!

株価の上昇で資産を増やしたいのならばインデックスの投資信託に、減らしてはいけない資産だったら個人向け国債や定期預金を利用しましょう。

面白味は無いですが一般市民がプロの投資家や証券会社と勝負して、不利にならない投資先なんて限られています。

「他にもっと良い投資先が有るはずだ」と情報収集を怠らないのは素晴らしい事ですが、情報に踊らされないようにすることも大切ですよね。私も気を付けないと・・・

インターネット証券でも個人向け国債を購入できます。楽天証券

投資信託の積立は100年の歴史を持つ老舗証券会社で。松井証券

↓↓↓『株価連動債券』の他にもダメな金融商品が有りますよ

 すぽんさーりんく