よしきよの旅と投資の話

投資歴15年、投機で1,000万円損した独身貴族です。資産2,500万円まで復活しFIREめざして絶賛資産運用中!趣味は旅と投資です。

↓↓↓おすすめ記事↓↓↓
ダメな投資信託を見つける方法5選!銀行でおすすめって言われても買っちゃダメです!
毎月コツコツ10万円で日本株の高配当株投資、「金の成る木」の増やし方
日本に住んでいるのに、何故かインド製バイクに乗っているブログ主がツーリング動画をアップ!
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 :清き一票を<(_ _)>

「金の成る木」を植えよう!毎月コツコツ10万円、日本株で高配当株投資。

最近、色々な資産運用ブログを読んでいますと、猫も杓子も「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の積立て」をすすめていますね。

しかし、わざわざこんな弱小投資ブログまでチェックするような、投資情報収集マニアの皆さんの中には「周りと同じ事をしていてもつまらない!」と思う人も多いんじゃないでしょうか。

そんな天邪鬼な皆さん!日本の高配当株で自作ファンドを作り、普段の生活を「ちょっとだけ豊か」にしてみてはいかがでしょう。

 金の成る木」の生える農園を作ろう!

f:id:katsurao:20200809175106j:plain

インデックス投資の目的は「資産の最大化を目指して、はるか未来の生活を豊かにする」ことです。

それに対し、高配当株投資は配当金で現金を手に入れて「日々の暮らしを豊かにする」ことです。

いわば「金の成る木の生える農園」を手に入れる事が主目的なんです。

畑を耕す(一株購入できる証券会社に口座開設)

まず最初に必要なことは、木を植えるべき土地(SBIネオモバイル証券の口座)を準備しましょう。(実質月額20円で1株単位の株が買えるので高配当株投資と相性抜群)

大きな木を1本だけ植えると、その木が枯れてしまったら農園が倒産してしまいます。

その為にたくさんの木を植え、リスク分散する必要があります。

50銘柄程度を目標としたいところですね。

しかし、他の証券会社でそれをやろうとすると、大金が必要になってしまいますから、1株単位で株が買えるSBIネオモバイル証券口座が必須となるわけです。

なお、1株単位で購入できるサービスを提供している大手ネット証券会社は他にもありますが手数料が高く使い難いのでおすすめ出来ません。

  • SBIネオモバイル証券:月額50万円まで税込220円
    (株式購入に使えるTポイントが毎月200P貰えるので実質月額20円!)
  • auカブコム証券:約定代金の0.5% 最低手数料:48円
  • SBI証券:  約定代金の0.5% 最低手数料:50円

金の成る木を探す(銘柄を選定)

次にやるべきは「植えるべき木の選別」です。

どんなに大きく育つ木でも実がならなければ意味が有りませんし、大きな実が生ってもすぐ枯れてしまっても困ります。そこで以下の独自選定ルールで銘柄を選びました。

  • 配当利回り3.5%以上※
  • 不祥事を起こしていない
  • 嫌いな企業でない
  • 明らかに落ち目の業種でない
  • 過去3年間の経常利益が赤字でない

※以前は4.5%以上としていましたが銘柄選択範囲を広げる為に下げました、記念配当や特別配当は除きます

要は「配当利回りが高く、長期的に健全な経営が見込まれる企業」を選ぼうということです。

長期的な保有となるのでキライな業界(パチンコ・サラ金等)も外しました。赤字の項目を入れようとしたんですが、コロナの関係で短期的に赤字になる企業もあるので、しばらくは外そうと思います。

農園を造る(銘柄の買付)

最初に植えた木が生み出す利益だけでは日々の生活を豊かにすることは出来ません。

私の場合は最初に10万円を投入しましたが、これで受け取れるのは年間3千円程度(3%で計算)の配当金だけです。

これではとても「生活か豊かになたた!!」とは言えませんよね。

生活が変わるほどの額を受取るためには、少しずつ木を増やしていく必要がありますから、とりあえず初期目標50銘柄になるまではこんな感じで↓↓↓

  1. 毎月10万円を投入
  2. 1万円ずつ10銘柄を買付
  3. 余った買付余力で下落した保有銘柄を買増し1万円に近付ける

10万円はちょっと厳しいかもしれませんが、これを繰り返していきましょう。

農園を育てる(銘柄の買増し)

 50銘柄に到達したら、とりあえず小さな農園が完成です。

しかし、これでも受け取れる配当金は年間1万5千円程度ですから農園というより家庭菜園ですね(笑)

大農園を目指して、ここから先は木を育てて行きましょう。

  1・毎月5万円を投入
  2・評価額が低い10銘柄を5千円ずつ買増し
  3・余った買付余力で適当な銘柄を買増し

 保有している銘柄の株価は日々変動しています。

私は評価額を均一化する為に買増しをしますが、「受け取る配当金額」を均一化するため、相対的に配当利回りが低い銘柄の保有数を増やす方法もあります。

「農園(保有銘柄)」の安定を取るか「木に成る実(配当金)の収穫量」の安定を取るかの違いですね。

注意が必要なのは配当利回りが高い銘柄を買増ししてしまうと、一本の木だけ大きくなり、万が一それが枯れてしまった場合は農園が大打撃を受けてしまうことです。

買増しは目先の利益ではなく、農園全体の事を考えて判断してください。

農園を維持する(銘柄の入替)

 農園が完成し順調に木が成長していたとしても全てが順調とはいきません。

木が枯れる(倒産)、実が少なくなる(減配)、実が生らなくなる(無配転落)などの事態も想定しておかないといけないのです。

実が生らなく成った木は農園に不要ですから即刻売却しましょう。

売却したお金で、速攻で別の「金の成る木」を植えましょう。

他に良い木が見つからないのなら、保有中の木を買増しです!

「今売ると損するから、株価が上がったら売却しよう」などと考えてはいけません、貴重な農園の畑に何も産み出さない木が植わっている時間がもったいないんです!

実が少ししか生らなくなった(減配)時は悩み時です。

しかし、「下手な考え休むに似たり」ですから「木を探す時の選定条件」に当てはまらなくなったら売却するべきでしょう。

これは(減配)以外で選定条件から外れた場合も同じです。

SBIネオモバイル証券 口座開設

インデックス投資だけじゃ面白くない!

はっきり言ってただ資産を増やしたいだけならば、日本株の高配当株投資より、複利の力を最大限生かせる米株インデックス投資の方が有利なのはわかっています。 

しかし、私にとっては株式投資は資産運用の手段であると同時に「趣味」でもあります。

私の他にも「どうせなら楽しんで資産運用したい」という需要もたくさんあるでしょう。

たくさんのブロガーやユーチューバーの皆さんが、勧めているような【eMAXIS Slim米国株式(S&P500)】への投資も良いですが、自分で選んだ銘柄で「金の成る木農園」ポートフォリオを作るのも面白いんじゃないでしょうか。

www.katsurao.info

広告 にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村