よしきよの旅と投資の話

投資歴15年、投機で1,000万円損した独身貴族です。資産2,500万円まで復活しFIREめざして絶賛資産運用中!趣味は旅と投資です。

↓↓↓おすすめ記事↓↓↓
ダメな投資信託を見つける方法5選!銀行でおすすめって言われても買っちゃダメです!
毎月コツコツ10万円で日本株の高配当株投資、「金の成る木」の増やし方
日本に住んでいるのに、何故かインド製バイクに乗っているブログ主がツーリング動画をアップ!
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 :清き一票を<(_ _)>

「えっ?新型コロナは予言されてたの?」情報発信者の意図を考えよう、マスコミは注目されてなんぼです。

浜松市の手品バーやキャバクラで遂にクラスターが発生してしまいました、「こんな時期にキャバクラ行くの?」とも思いますが好きな人には中毒性があるんですかね?私も年に数回程度なら行くことも有りましたし、楽しい時間とも思いますが「なぜ今?」といった感じです。

コロナが予言されていた?

さて、過去にコロナが予言されていたという記事がネットニュースで配信されていました、岐阜新聞がWHOの報告書を掲載したものです。

30年前、1990年5月2日付の岐阜新聞朝刊に掲載された見出しと記事が、会員制交流サイト(SNS)上で話題となっている。「2020年、人類の半数が伝染病に」-。新型コロナウイルス感染症が世界的に大流行している今日を予測していたかのような内容で、ツイッターのコメント欄には「当たってる」「見出しがショッキング」などの書き込みが相次いでいる。

 引用:ヤフーニュース

ニュース記事の関連書籍↓↓↓

記事のコメント欄には「昔のWHOはスゴイ」とかも有りましたが、多くは「たまたまでしょ?」とか「コロナと全然違うじゃん」等の否定的なものでした。正直、私も否定的な感想です、未来予測なんて頻繁に行われていることです。

外れた未来予測が注目を浴びることなんてほぼありません、せいぜい「昔の人はこんなアホなことを言っていたwww」ぐらいで笑いのネタとして注目を浴びる程度でしょう。

数ある未来予測の中から当たった物だけが大きく取り上げられるので「百発百中の予言!」のように感じるだけです、「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」です。

情報には発信者の意図がある

情報を扱うプロの新聞社がそんなことに気付いていないはずは有りませんから、これは意図的に予測が的中したと勘違いさせるための記事ですよね。マスコミは新聞広告やテレビCMが飯の種ですから目立ってなんぼです、「こんな予測がされていましたけど当たりませんでした」よりも「実はこんなスゴイ予言がされていたんです!!」のほうが注目を浴びるのは間違いありませんから。

情報を鵜呑みにしてはダメ

日常生活で損しないためにも情報の見極めは重要です、情報発信側は様々な技術を駆使して消費者に勘違いさせようと商品やサービスをアピールしてきます。

  • タウリン1,000mg!!(1㌘です)
  • 1個なら1万円、2個なら1万5千円(実は定価7,500円とか)
  • 著作「あなただけに教える投資の極意」(笑)

昔は私も仕事は作業着なのに通勤する為だけのスーツを5万円(2着目千円)で買ってましたっけ、今に思えば最初から1着2万5千だったんでしょうが・・・
(´;ω;`)ウゥゥ

金融商品こそ情報の見極めが大事

日用品の買い物程度ならこういったセールストークを鵜呑みにしても、失うお金は少額で済みます、趣味や娯楽のための浪費なら楽しめればOKでしょう。しかし資産運用のための金融商品でこれをやってしまうと、人生が変わってしまうような失敗をすることになってしまいます。

よく見かけるのが【指定の投資信託購入とセットで定期預金金利が通常の3倍】といった金融商品です。通常の3倍の金利につられてホイホイ契約すると漏れなく購入手数料・信託報酬の割高なぼったくり投資信託が付いてきますwww

他にも「想定利回り10%です」とかセールスしてくるワンルームマンション投資もありますね(あんたが自分で投資すればwww)

まとめ

世の中に流れている情報には必ず発信者の意図があります、特にそれがお金にかかわるものとなると「勘違いさせる事」に重点を置いた情報がほとんどです。

なぜかというと金融商品の大半が顧客を儲けさせる為のものではなく、顧客から儲けるためのものだからです。

大切な自分の資産を守るためにお金の知識を身に着けることも大切ですが、情報発信者の意図に敏感になることも大切なんじゃないでしょうか。

(過去記事↓↓↓)

www.katsurao.info

www.katsurao.info

www.katsurao.info

 

広告 にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村