よしきよの旅と投資の話

投資歴15年、投機で1,000万円損した独身貴族です。資産2,500万円まで復活しFIREめざして絶賛資産運用中!趣味は旅と投資です。

↓↓↓おすすめ記事↓↓↓
ダメな投資信託を見つける方法5選!銀行でおすすめって言われても買っちゃダメです!
毎月コツコツ10万円で日本株の高配当株投資、「金の成る木」の増やし方
日本に住んでいるのに、何故かインド製バイクに乗っているブログ主がツーリング動画をアップ!
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 :清き一票を<(_ _)>

【リニア問題】静岡県知事の映像が老害上司に見える、JRとの交渉は長引きそうです

リニア中央新幹線の問題で珍しくも静岡県が日本中の注目を集めています、地理的に名古屋と東京に挟まれ「静岡は通過するだけの場所」と揶揄されていますので注目を浴びるのは悪い事ではないんですが、できればポジティブな話題で注目を集めてもらいたいですね。

f:id:katsurao:20200711164454j:plain

国交省と静岡県知事が会談するも平行線

JR東海が求めるリニアの準備工事を容認するよう、国交省の事務方トップが10日静岡県庁で打開案を説明しましたが、川勝知事はこの提案を受け入れませんでした。

JRは非常口周辺の木の伐採や整地など準備工事を開始できるよう求めていますが、静岡県はトンネルの掘削工事と一体だとして認めていません。

開業の延期が避けられない情勢の中、事態の打開を目指して10日、国交省の藤田耕三事務次官が川勝知事を訪問し、水資源や自然への影響が軽微と認められる範囲で速やかに工事を認めるよう提案しました。

 記事引用先↓↓↓

別のTVニュース↓↓↓

テレビのニュースですので協議している映像は短いですが、実際は予定の時間をオーバーして1時間に及ぶ会談だったという事です

大井川の水の話はどこへ?

この話題にあまり触れることのない他県の方へ、まずニュースの中で知事が熱弁している「作業員の安全」について、今まで大きく取り上げられることはありませんでした、静岡県民でも「そんな話してたっけ?」と感じると思います。TVを見ていた人も事務次官と同様に「作業員の安全確保と条例と何の関係が?」と突っ込みを入れたくなったでしょう。

最も大きな問題となっているのは水問題です。過去に大井川は水力発電の為に大量の水を富士川水系に流したため、下流では小川のような流れになってしまった苦い思い出がありました。

今でこそ長年の交渉で一定量を大井川に戻す事で合意され水量は戻っていますが豊富な水量という訳ではありません、大井川水系の水問題は昨日今日に始まった問題ではないのです。

TV局も視聴率よりも優先事項を

しかしニュースも「リニアのトンネルで大井川水系の水量が減ってしまうかも」というのが最大の懸念事項なんですから、その議論をするシーンをTVの映像に使えなかったのでしょうか?1時間に及ぶ会談をしたのでその話に全く触れなかった事はさすがにないですよね。

ニュース映像的に知事が感情的になったシーンの方が視聴者の注目を集められると思ったのでしょうか?事務次官の「ただダメだと言われても先に進めない」という至極まっとうな言い分に対し「作業員の安全が・・・」と話し始めるあたりは「老害」という単語が頭をよぎりました、明らかに建設的な議論のできない人に見えましたから、注目度は高かったと思います。しかし、国交省の事務次官がわざわざ静岡まで来たのは「作業員の安全が確保できないから」じゃないでしょ?

 

ワイドショーなら注目を集めるのが最重要事項でしょうか、普通の報道番組ならば視聴者が必要としているであろう情報を提供してもらいたいですね。

地元の新聞記事↓↓↓

広告 にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村