よしきよの旅と投資の話

投資歴15年、投機で1,000万円損した独身貴族です。資産2,500万円まで復活しFIREめざして絶賛資産運用中!趣味は旅と投資です。

↓↓↓おすすめ記事↓↓↓
ダメな投資信託を見つける方法5選!銀行でおすすめって言われても買っちゃダメです!
毎月コツコツ10万円で日本株の高配当株投資、「金の成る木」の増やし方
日本に住んでいるのに、何故かインド製バイクに乗っているブログ主がツーリング動画をアップ!
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 :清き一票を<(_ _)>

投資信託の信託財産留保額は投資家の味方?ただの売却手数料じゃないの?

 信託財産留保額とは投資家のためにある?

信託財産留保額というものについての記事です。あんまり聞かないような名前なんですが分かりやすく言うと、投資信託を売却する時にかかる手数料みたいなもんです。信託報酬のような保有している期間の間、ずっとかかる様なものではなく、購入の時だけ窓口で支払う購入手数料のように投資信託を売る時だけ支払う手数料みたいなものです。投資信託の売却を求められると投資信託の資産から一部を売却し現金を用意する必要があります。その売却のための手数料なんですね。 

これだけど聞くと「また銀行がボッタくってるのね」と感じるかもしれませんが珍しくそういうものではありません。手数料というと何か悪いことばかりに聞こえますが、実はこの信託財産留保額というのは悪いことばかりではないんですよね。

もし信託財産留保額が無いとその手数料は投資信託の保有資産から支払われます。その分その投資信託の価格が下がる訳ですから。投資信託を売らずに保有している人からすれば「何で他人が売却した株の手数料を俺が払わなきゃいかんの?」という話になりますよね、それを防ぐために「売却する時の手数料は売る人に負担してもらおう」というのが信託財産留保額なんです。

 

参考画像 投資信託売却時:お金の流れ

 

f:id:katsurao:20200507203709j:plain

投資信託を売却時(信託財産留保額あり)

f:id:katsurao:20200507203547j:plain

投資信託を売却時(信託財産留保額なし)

そんなに気にしなくても良い!

有った方がいいのか無い方がいいのかなんですが、長期で投資信託を持つ予定の人にはあった方がいいと言われています。資産運用は複利の勝負ですから運用期間中の資産は多いほうが良いですからね、長く持っている間ずっと他人の手数料で資産が減るのは気に入りません。ただ投資信託はいずれ売却するものですからその時点では自分の利益となります。

そのため私は殆ど気にしてません。保有期間中にかかり続ける信託報酬の方がよほど重要だからです。非常にレアケースではありますが信託報酬が同じで違いが信託財産留保額の有無だけの時ぐらいだけ気にすれば良いんじゃないでしょうか。

広告 にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村