よしきよの旅と投資の話

投資歴15年、投機で1,000万円損した独身貴族です。資産2,500万円まで復活しFIREめざして絶賛資産運用中!趣味は旅と投資です。

↓↓↓おすすめ記事↓↓↓
ダメな投資信託を見つける方法5選!銀行でおすすめって言われても買っちゃダメです!
毎月コツコツ10万円で日本株の高配当株投資、「金の成る木」の増やし方
日本に住んでいるのに、何故かインド製バイクに乗っているブログ主がツーリング動画をアップ!
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 :清き一票を<(_ _)>

大暴落してもグローバル3倍3分法ファンド(通称:グロ3)はゴミ投信じゃない!

リスクを把握して投資するなら購入もあり

 

f:id:katsurao:20200502192738j:plain

結論から先に言ってしまえば「グローバル3倍3分法ファンド」の評価は購入手数料の掛からないネット証券で買うならまぁ良いかな?ぐらいの感じです。この手のレバレッジを掛けた投資信託にしては信託報酬は0.484%と良心的です。大手証券会社の窓口の無駄な手数料は害悪ですからあくまでネット証券での購入前提の話ですね。

投資信託の目論見書を見ると3倍のレバレッジをかけて通常の3倍の速度で資産を増やそうというのではないようですが。

債券比率を増やしてリスクを抑えながらの運用

投資先は株、債券、REIT(不動産に投資する投資信託のようなもの)で際立つのは債券が全体の66%を占めてることでこれがこの投信の特徴という訳ですね。債券価格は値動きが小さいですが株価と逆に動くことが多いので株価が下落しても株式の3倍の債券上昇分でカバーできる。これによりリスクを抑えたうえで株式・REITよりも高リターンを享受できるという皮算用をしたわけです。

しかし「リスクを抑えてリターンはアップ!」を狙う投資信託が幻想を求めた結果はいつも決まっています。当然コロナショックで大暴落とあいなりました。

f:id:katsurao:20200503115656j:plain

出典:目論見書より

歴史的大暴落の前では逆効果

大暴落の要因は債券価格が必ずしも株価と逆に動かなかった事です、株価が歴史的な大暴落を起こすような時には債券も下落相場となる場合があるのですが、今回も投資家が株価のさらなる下落に恐怖しパニックになったあげく資産を現金化しようと比較的安全である債権も売却してしまったのでしょう。

それが株式の下落分をカバーするどころか更なる下落の要因になってしまいました。組み入れてあったREITも株式以上の大暴落を記録し、そして最後に3倍レバレッジがトドメを刺す形でグロ3は大暴落になってしまった訳です。

 

バランス型投資信託としてはなかなか優良だが売り時が難しいか

とはいえこの投資信託がゴミ投信という訳ではありません。コロナショック前のある程度安定した相場では株価上昇の恩恵を受けながら債券部分で下落相場のヘッジもできており優良な運用成績を出していました。

レバレッジ付きバランス型のファンド・オブ・ファンズ投資信託としては良心的な信託報酬(0.484%)で運用できる投資先はなかなかありません。ただ大暴落に弱い所が玉に傷というか致命傷なので長期的な投資にはお勧めできません。あくまで余剰資金での短中期投資なら選択肢の一つにいれても良いんじゃないでしょうか。

投資先 世界の株・債券・REIT
購入手数料             0円
信託報酬           0.484%
分配金            選択
信託財産留保額            なし
最低購入金額           100円

 

広告 にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村