よしきよ君の物見遊山録と資産運用記

遊ぶ為に仕事をしている独身貴族です。資産運用や史跡巡りの記録を投稿しています。

スポンサーリンク(*^▽^*)

皆様の清き一票をm(_ _)m にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村     にほんブログ村 旅行ブログへ
------

バスタ新宿到着、はかた号の旅も終了です

とうとう長かった九州一人旅の記事もラストと成りました、たった2日間の旅の投稿で凡そ2ヶ月間もの時間を使ってしまったのは反省です。一流の旅ブロガーの人なら3日かそこらで書き終えて次の話題に入れるんでしょうがまだまだ未熟者ですね。

さて、無事に博多バスターミナルを発車した「はかた号」は途中バス停からのお客さんを拾いつつ
、最後の乗車停留所の小倉駅を発車した後は関門海峡を渡り本州に上陸です。

なお、博多から小倉駅はバスだと2時間弱ですが、新幹線なら20分程度、「博多バスターミナル」で乗り遅れても新幹線利用で追いつくことが出来ます!

はかた号
博多バスターミナル 18:40
小倉駅前南口バス停 20:20

山陽新幹線(こだま764号)
博多駅 19:55
小倉駅 20:12

(^∇^)

最初の休憩

本州に入った「はかた号」が最初の休憩地である山口県の佐波川サービスエリアに到着したのは21:40頃、ここで15分程度の小休止。
今後の長距離走行のため乗客も運転手さんもバスも英気を養います?
f:id:katsurao:20190827091151j:plain

佐波川サービスエリアの後は深夜走行になるので休暇とかも有りません、お茶とかを買い忘れた場合はここで多めに購入しておきましょう。ストレッチも忘れずに!(途中で運転手さん交代の停車は有るようですが乗客は外に出られない!)

休暇も終わりサービスエリアを発車するとバスは消灯して深夜走行モードに突入、まぁプレミアムシートはカーテンで仕切られているのでライトを付けても支障は無いんでしょうが車窓を観るために消灯しました。

就寝までの時間はAmazonプライムやDアニメで動画鑑賞、Wi-Fiを使いましたがストレス無く観ることが出来ました、深夜時間で他に使っている人がいなかったのかな?

最後の休憩

長い深夜走行も終わり次の休憩地「静岡サービスエリア」に到着したのは6時40分頃、プレミアムシートとはいえ車内で熟睡できるか心配でしたが疲れていたんでしょうかまさかの爆睡、岡山県から静岡県までワープしたような感じでした。
(^-^;
f:id:katsurao:20190827091245j:plain
ここは何度も使っているサービスエリア、いつも混雑する時間帯の利用なのでこの時間帯に利用するのは初めて、ガラガラガラの静岡サービスは何やら新鮮な感じです。遠出も良いですが近場で新しい発見をするのも良い物ですね。

f:id:katsurao:20190827091329j:plain

リュックは旅の相棒

バスタ新宿に到着

静岡サービスエリア発車後は東名高速、首都高の朝渋滞の影響で予定時間より少し遅れ、9時55分にバスタ新宿に到着、
高速バスの一大拠点というだけ有って日本全国のバスが並ぶ姿は壮観、バス好きの人にはパラダイスでしょう!!
f:id:katsurao:20190827091505j:plain

朝の新宿は通勤ラッシュも一段落した時間と有って、ストレスを感じることなくJR新宿駅に移動することが出来ました、ヤレヤレ(東京の通勤ラッシュは地方民にとって驚異なのです!!)
┓( ̄∇ ̄;)┏
f:id:katsurao:20190827091548j:plain

再び静岡空港へ

新宿駅からJRと新幹線を利用して浜松へ戻ればこの旅も終了なのですが、ここで一度、静岡空港に寄らなければ成りません。
往路で飛行機を使った為、マイカーを空港まで取りに行かなくてはいけないのです。
(´-ω-`)メンドイ
というわけで、新幹線を静岡駅で降りて空港行きのバスに乗車します。バスは空港まで1時間弱(1,000円)の乗車ですが席にUSB電源とかが付いていたり無駄に豪華?

f:id:katsurao:20190828171159j:plain
f:id:katsurao:20190828170435j:plain

空港からは愛車で勝手知ったるいつものルート、安全運転で浜松まで帰宅して今回の旅は終了!

今旅のまとめ

ふるさと納税の航空券利用、高速バスからローカル鉄道への乗換、用も無いのに終点まで乗車、長距離高速夜行バス等、普通の旅行では使わないような行程の一人旅、ただ目的地に行って帰ってくるだけの旅行よりも何倍も楽しめたと思います。
心残りは「はかた号」の車内の写真が撮れなかったこと、おそらく一生に一度の乗車なので思い出を残して起きたかったのですが、まさか他のお客さんがいるのに写真を撮りまくるわけにも行かず断念。

思い出は心の中に・・・
(;^_^A

【スポンサーリンク】
ヾ(≧▽≦)ノ