よしきよ君の物見遊山録と資産運用記

遊ぶ為に仕事をしている独身貴族です。資産運用や史跡巡りの記録を投稿しています。

スポンサーリンク(*^▽^*)

皆様の清き一票をm(_ _)m にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村     にほんブログ村 旅行ブログへ
------

コンビニにとっての「お客様」は「お客さん」じゃ無い?

最近めっきりとブログ投稿回数が減ってしまいました、仕事が忙しくなかなか遠出する機会が無いことや資産運用が変化の少ないサヤ取り運用がメインのため特に書くことが無いのも原因ですね。とはいえ書く事が無いなら書く事を探してやろうと言うことで時事ネタに挑戦です。専門家でも評論家でもないのに、あれこれうんちくを垂れるのは恥ずかしいですが・・・

( ̄▽ ̄;)

 

さて、意味不明なタイトルにも書いてありますが取り敢えず、みんな大好きコンビニネタです。

私はコンビニをよく使います、仕事の日はコンビニ弁当がメインでお茶も買います!100M先のドラッグストアの方が安いお茶(500ml 70円)を売っている事も知っていてもコンビニで買ってしまいます。(「水筒持ってけ!」とか言わないで下さいネ)

 

コンビニのお茶もプライベートブランドとかで安くなってきましたが、まだまだドラッグストアや激安スーパーには叶いません、それでも僅か100M歩くのがメンドイのでコンビニで買ってしまうのですが、実はその僅か100Mぐらいの距離に同じフランチャイズのコンビニが2件も有るんですよね。

ザ・コンビニDS 大人の経営力トレーニング

ザ・コンビニDS 大人の経営力トレーニング

 

 

ちなみに我が愛する浜松市の駅前にもコンビニが増えました、同じフランチャイズが駅西に有るにも関わらず駅東に新規出店、しかも、素人目に見ても場所が絶望的に悪い所に

 

ココが悪いよ新規出店場所!
  • 駅近だけど駅から店舗が見えない(泣)
  • 歩道橋が有るから歩行者が少ない(泣)
  • その少ない歩行者の多くは別のコンビニの前を通って来る(笑)
  • イベント会場の近くだけどお客の動線から外れてる(泣)

 

よく出店したなぁ!

まァ素人には分からないことが有るのかなとも思ったんですが、よく考えてみると別に店舗が黒字に成らなくてもコンビニは儲かるんですよね、儲けるのは店長じゃなくてコンビニの本社ですが・・・

((o(*>ω<*)o!

コンビニ本社はウハウハ!

当然「お客さんの取り合いにならないの?」とか「立地が良くないなら無理しなくても?」と疑問が出てくるわけですが、別にお客さんの来ない店舗でも良いんですよね、あくまで店長目線でなくコンビニ本社目線で見てみるとですが・・・

 

コンビニが2軒

コンビニ利用総客数300人

  • コンビニA 利用客150人
  • コンビニB 利用客150人

 

コンビニが3軒

コンビニ利用客数300人

  • コンビニA  利用客 125人
  • コンビニA´ 利用客 50人
  • コンビニB  利用客 125人

たとえ競合で既存店のお客さんが減ってもトータルではコンビニA社のお客さんが増える事に・・・上手くできてるなぁ(感心感心)

 

でも、お客さんの少ない店舗が赤字だとフランチャイズのロイヤリティ料が入らないんじゃ?人件費とかもかさむだろうし?

 

ロイヤリティは粗利益から!

というわけで少し調べてみると、何と本社に支払うロイヤリティは粗利益から徴収なんですね!

(;・д・)ファ 知らなかった

 

粗利益とは売上額から仕入れ額を引いた額で、ここで重要なのは人件費とか家賃とか水道光熱費とかがどんなに掛かっても支払うロイヤリティ料は変わらない事で、恐ろしい事に

人件費や家賃で店舗が赤字でも本社は儲かるからどんどん出店させよう!

なんて考えで本社が経営出来てしまうんです!

 

そういえばコンビニで良くやってるキャンペーンで「クジ引きで商品をプレゼント」とかやってますけど、あれって明らかにお店としては逆効果ですよね、レジが混んでるのにキャンペーンの説明したり、わざわざ商品を陳列棚に取りに行ったり、私もクジ引きで「その商品は売切れました」とか言われましたよ、(知らんがな!)

その時はこんなキャンペーンを考えた奴はアホだと思いましたけど、コンビニ本社としては正解なんですね、クジ引き目当てでお客さんが増えればロイヤリティ料アップ「人手が足りなかったら店舗でバイト雇えば良いじゃん!人件費はそっち持ちだけど」といった感じでしょうか?

コンビニ本社にとってのお客さん(鴨)は利用客ではなくコンビニ経営者、時々変なキャンペーンをやるのも納得です。今日はこの辺で

【スポンサーリンク】
ヾ(≧▽≦)ノ