よしきよ君の物見遊山録と資産運用記

遊ぶ為に仕事をしている独身貴族です。資産運用や史跡巡りの記録を投稿しています。

スポンサーリンク(*^▽^*)

皆様の清き一票をm(_ _)m にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村     にほんブログ村 旅行ブログへ
------

やってて良かった資産運用!持ってて良かった金融リテラシー?

本年の相場は再び波乱の予感、今朝は米ドル大暴落ですね。さて、新年そうそう熊本で大きな地震が発生、テレビには先日の熊本歴史探訪で泊まった宿のすぐ近くが映り、些かドキリとしましたが特に混乱している様子もなくほっとしている次第です。
www.katsurao.info

因みに浜松市がある静岡県は地震が比較的多く、30年以上も前から「もうすぐ大地震が来る」と言われ続けています。その為に部屋には緊急用の水を確保していたのですが、先日の浜松大停電で使い切ったまま補充を忘れていたのを思い出しました。さっそく補充しないと!

;((•﹏•๑)));


さて、今日は投資をする事により学んだ事について書きたいと思います。何故突然そんな事を書こうかと思ったかと言いますと、会社の休憩室で「エッ?」と思う会話を聞いたからなんですが詳細は後ほど・・・

よしきよが投資に興味を持ち始めた始めたのは2004年の終わりごろでした(うろ覚えです)、世間ではホリエモンが毎日のようにテレビに出ていた頃だったと思います。 当初は儲けることよりもゲーム感覚で株を楽しんでいた感じで、デイトレーダーの真似事なんかもやりましたね、1日パソコンに張り付いて儲けが最高1,050円ぐらいでしたが・・・
( ̄▽ ̄;)コンビニバイトの方が儲かる?

最近のはさや取り投資が主力に↓↓


しかし、運が良いのか悪いのか、ゲーム感覚で適当に買っても儲かったのがこの時代、不祥事を起こして低迷していた〇菱自動車や健全経営のシブ銀と言われていた✕岡銀行等で軽自動車が買える位の含み益を手にしました。しかし、それもつかの間、ご存知ライブドアショックで全てが消し飛び全決済での初損切り、その後「次は為替の時代だぁ」とFXに手を出したらサブプライムショックからのリーマンショック!結果的に15年間のトータルでプリウスが買えちゃうぐらい損をしてしまっている訳です。最近は少しづつ取り返してはいますが・・・
(*˘︶˘*).。.:*

しかしながら、この期間で得た投資に関する知識、教訓、金融リテラシーはとても貴重なものとなっています。負け惜しみも含めてですが(含めるんかい!)失ったお金に匹敵する価値があったと思います。
www.katsurao.info

プロでも儲けられないと知った!

猿がダーツを投げて選んだ銘柄とプロの選定した銘柄で勝負した逸話?は衝撃的でしたね、当時の純粋な私はスーツをビシッと決めた証券マンは皆な大儲けしてると思ってましたよ!冷静に考えればサラリーマンやってる時点で・・・なんですが。コレを知ったことで信託報酬の高い投資信託には目もくれなくなりました、素人が大儲けなんて夢のまた夢、最近は地道に小銭を稼いできたおかげて未だに市場から退場せずに済んでいます。

同じ商品が違う値段で売ってるなんて

特に外貨預金の手数料に驚愕、同じドルを買うのにFX業者と大手銀行を比べると100倍、しかも利率も低い!投資信託の手数料もネット証券と比べ割高の上、勧めてくるのは信託報酬の高いものばかりです。しかし、1円でも安い卵を買うのにスーパーをハシゴする様なお婆ちゃんが銀行で買っちゃうんですよね(泣)


さて、会社の休憩室での一コマ

社員A「コンビニで金下ろしたら手数料取られたぁ!ウンタラカンタラ」

若手B「ネット銀行なら無料のとこも有ってお得っすよ、口座作るだけでポイントも貰えますし」

社員A「ポイントなんて貰ってもしょうがないだろう」

若手B「僕は株の口座とかカードも一緒に作ったんで5,000円ぐらいでしたけど・・・」

社員A「それぐらいなら俺パチンコで儲けてるし」

若手B「ギャンブルじゃないですかぁ(汗)」

社員A「お前だって株やってるじゃん、ギャハハハ」

嘘のようなホントの話、ちなみにこの社員Aさんは先日の株価大暴落の時は「金持ちが大損していい気味」と豪語する古兵でありました。
(;-ω-)ウーン

どお考えてもお金持ちになれなさそうなAさん、もうちょっとお金の事考えましょうよ・・・


1月7日からさや取り開始

さて、最後は愚痴っぽい記事になってしまいましたか、ユーロズロチのさや取り投資をいよいよ1月7日からスタートします。年末年始期間も終わり通常スプレッドに戻る頃でしょうから、死に金になっている資産の大半をさや取りに投入!目指せ不労所得!

( ̄▽ ̄;)今日はこの辺で

【スポンサーリンク】
ヾ(≧▽≦)ノ