よしきよ君の物見遊山録など

一人旅と歴史が大好きな独身貴族の旅行記録です 。お得な旅の情報、趣味の投資についても書きたいですね。

【すぽんさーりんく】
(≧▽≦)ノ

東京湾フェリーに乗船、千葉へ

小雨の中なんとか久里浜港にたどり着いた「よしきよ」はフェリーで対岸の金谷港を目指します。ここにたどり着くまで雨雲の隙間から見える雷光にビクビクしたり(降られるよりはずっとましですが)大渋滞にはまって首都圏の洗礼を受けたりと色々ありましたので、船上ではのんびりと疲れを取ります。やはり早朝5時出発のツーリングは体に堪えます。

久里浜港までの記事は↓

www.katsurao.info

 ここで東京湾フェリーの情報

東京湾を横断し、久里浜から千葉県富津市金谷までを約40分で結ぶ貨客フェリーです。料金は以下の通り、港に着いたら待機所に車、バイクを止めターミナル内で乗船券を購入します。カード(JCB)も使えました。乗船前に係の人が乗船券を回収に来るので準備しておきましょう。バッグの底とかに入れちゃダメ(;゚Д゚)

片道料金(運転手1名含・往復を購入すると割引があります)

自動車
3.0m未満 2,360円
4.0m未満 3,120円
5.0m未満 3,990円
6.0m未満 5,070円

オートバイ・原動機付自転車

750cc以上 2,310円
750cc未満 1,940円
125cc未満 1,590円
自転車大人1,210円
   小人   850円

www.tokyowanferry.com

運航本数は1時間に1本ほど、写真は土休日ダイヤです。

f:id:katsurao:20180810235424j:plain

www.tokyowanferry.com船内は椅子席がメインです。新幹線のような椅子席がズラッと並んでいました。窓際には4人向かい合わせのBOX席、中央には10人ほど座れるBOX席(小テーブル着き)がありグループ旅行にお勧め、靴を脱いで休むカーペット席は見当たりませんでした。航行時間が40分と短いからでしょうか(残念)。売店は2階客室にあり軽食、飲み物、お土産と揃ってはいましたが規模が小さいだけに種類は限定的、買い物は乗船前の港で済ませたほうが良さそうです。WCは1階客室にある一ヶ所だけです。WCと売店が違う階にあるので階段が苦手な方には不便かも・・・(;一_一)

東京湾の横断というと海ほたるで有名な「東京湾アクアライン」が有名です(ETCを使えば料金的にもお得)が首都圏の高速道路は渋滞のイライラが付き物でせっかくの旅行も楽しさ半減です。しかし、海上を行くフェリーならその心配はありません、むしろ楽しさ倍増です。混雑する高速道路をイライラしながら走る時間を、展望甲板から大型船や小さな漁船、護衛艦を眺めるもよし、船に近づく海鳥とたわむれるのもよし、もちろん仮眠にあてるもよしで有意義に使うことがきます。特に家族サービスに疲労困憊のお父さんにお勧めですよ。頑張れお父さん!ちなみに私が乗った日には手に届きそうなところまで海鳥が近づいてきました、乗り合わせた小学生の団体は大はしゃぎ、夏休みの良い思い出になったことでしょう。

f:id:katsurao:20180811003125j:plain

金谷港に到着しました、さっそく鋸山へ向かいます。

が、今日はここまで、フェリーの広告記事みたいになってしまいましたが続きは後日で

 

www.katsurao.info

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
ヾ(≧▽≦)ノ