よしきよの旅と投資の話

早期リタイアでサイドFIRE生活を満喫するブログ主が、簡単な資産運用情報を発信中!

↓↓↓おすすめ記事↓↓↓
  • /*大家*/
  • /*バイク*/
  • /*宝くじ*/
  • /*GLDM*/
  • /*銀行*/
  • /*レバナス*/
  • /*やらかし*/

にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
FIREブログランキングに清き一票を!


「家計管理アプリなくしてFIREなし!」

残念ながら米国で承認さたビットコインETFは長期保有に向きません(泣)仮想通貨業者の取引所を利用しましょう。

f:id:katsurao:20211023192125p:plain

ビットコインETFの長期保有は止めましょう!

米国でビットコインの先物に連動したETFが承認されましたね、ここ数年はビットコインを長期保有している方も増えたようなので、「民間の業者から上場されたETFに乗り換えたほうが安心なんじゃ?」と考えている方も居るんじゃないでしょうか。

私はサイドFIRE生活のため資産運用は守りに重点を置いています。そのためリスクの高いビットコインは『宝くじ枠』での少額しか持っていませんが、ちょっと調べてみました。

どうやら、このビットコインETFは長期保有も短期売買も、おススメできないETFのようです。

「仮想通貨はギャンブルだから危ない!!」なんていう感情の話ではありませんよ。

ビットコインのETFを日本国内で買えるようになるのはまだ先でしょうが、購入を検討している方は是非ご一読ください。

すぽんさーりんく  

 

先物に連動するETFを長期保有してはダメ

まず大前提としてビットコインに限らず先物に連動するETFを長期保有してはいけません。

理由は少しずつETFの価格が下がっていくからです。

悪魔のコンタンゴ、無駄な費用を払い続ける事に・・・

基本的に先物取引というものは、現物の価格よりも先物の価格の方が高いのが普通(説明は省きます出来ません)で、これをコンタンゴと呼びます。

先物ETFは、定期的に割高な未来の先物を買う必要が有るので、その差額がコストとなってETFの価格が下がっていくのです。

m(_ _"m)説明下手でごめんなさい、詳しくは↓↓↓で

ETF投資のリスク | 日本取引所グループ

無理やり良い所を探すとしても税金的に有利な事くらいですが、節税の為に高いコストを払い続けるのもおかしな話ですよ。

休日や夜間は取引できないですよね。

もちろんコンタンゴの影響が出ない短期で売買することも出来ますが、そういった取引をする方にとっては、ビットコインを夜間や休日に取引が出来ないのは致命的でしょ?

なお、デイトレードについては私の範疇外なので知りませんwww

ビットコイン業者での取引で良いんじゃないですか

確かに証券取引所でビットコインが取引できれば安心ですが、ビットコインを取り扱う業者も一昔前と比べて大企業が増えてきました。

私の利用しているコインチェックはインターネット証券大手のマネックス証券の傘下ですので、信用できる企業であると信じています。

「民間企業は信用できないから上場されたETFを利用したい」と考える方は、そもそもビットコインの保有を控えるべきです。

そんな怪しい企業が中心になって取引している資産を保有するなんて、可笑しいですよね(笑)

マネックスグループ傘下の仮想通貨取引所
コインチェック

取引所と販売所の違いを知っていますか?

さて、ビットコインを購入する際に取引所と販売所のどちらを利用していますか?

「えっ、どっちも一緒でしょ?」と思った方は要注意です!

コインチェックの場合は同じ業者内で販売所と取引所に分かれています。

  • 販売所:手数料0.1~5%(相場の急変でさらに高い場合アリ)
    業者(コインチェック)からビットコインを購入する。
  • 取引所:手数料無料
    売りたい人が提示した価格でビットコインを購入する。

販売所は業者(コインチェック)からビットコインを購入するのに対し、取引所は他のトレーダから提示された価格で購入することになります。

手数料的に取引所の方が圧倒的にお得に買えますので、必ず取引所から購入しましょう。

アプリから取引所は使えない

残念ながらコインチェックのアプリは販売所のみ利用可能です。取引所を利用する場合はブラウザでログインする必要が有りますので、ブックマークしておきましょう。

正直、何も知らずに販売所で購入し続けている人も多くいると思いますので、不親切だとは思います。

しかし、取引所の購入でも手数料を取る業者が有るので良し悪しでしょうか?より良いサービスを安く利用するのは利用者側にもリテラシーが必要なんですね。

コインチェックの取引所を利用するには

Googleクローム等のブラウザからコインチェックにログインして、下にスクロールするとビットコイン取引所を選択できます。

f:id:katsurao:20211023182037j:plain

ブラウザでログインした後、下にスクロールして取引所を選択する。

↓↓↓の画像のようにリアルタイムの『RTC買い板/売り板』が表示されていれば、取引所のページです。

更に下にスクロールしていくと、他の仮想通貨の価格表示の下に注文を入力する項目が有りますので、必要事項を入力して注文しましょう。

 

f:id:katsurao:20211023141739j:plain

リアルタイムで表示価格が変化する取引所

まとめ:ビットコインETFはまだまだ使えない

今回の記事では米国で承認されたビットコインETFについて色々と書いてみました。

先物価格に連動するETFはコンタンゴというコストが負担になるので、長期保有には向きません、かといって短期売買するには夜間休日の取引が出来ないのは大きなデメリットですから、日本での取引が可能になったとしても、わざわざETFを利用する必要は無いでしょう。

民間の仮想通貨業者でビットコインを購入する場合は販売所ではなく取引所を利用する方が手数料的に有利になります。

コインチェックのアプリは販売所しか使えないので、ブラウザからログインして取引所を利用しましょう。

社会的に信用されてきたビットコイン

ビットコインは価格変動が大きいため、ハイリスクハイリターンの投資になりますが、米国でETFが承認されるくらい社会的に認知されてきました。

怪しい私募ファンドに比べれば遥かに信用できる投資先です、余裕資金のある方は失っても生活に影響しない程度の額で投資してみてはいかがでしょうか。

マネックスグループ傘下の仮想通貨取引所
コインチェック