よしきよの旅と投資の話

予定よりも早くサイドFIREに突入した独身貴族のブログ主です!総資産4400万円でどこまで優雅な生活を送れるのか?我が愛車「ロイヤル エンフィールド(インド製)」を駆っての旅や投資情報を発信中!

↓↓↓おすすめ記事↓↓↓

【ロイヤルエンフィールド】静岡県西部の山道をツーリング、素掘りのトンネルや渓谷を楽しみました。

キャンプ場から浜松の大自然を満喫

今回YouTubeに投稿したツーリング動画は前回記事で紹介したキャンプ場『秋葉神社前キャンプ場(静岡県浜松市)』から、ものすごく遠回りをして水窪町に向かい、用もないのに狭い山道を走る続けるという走行動画ですwww

愛車のロイヤルエンフィールドは「インド製バイクなので酷道もへっちゃら」等ということは無く、路面に転がる落石、デコボコのアスファルトに悪戦苦闘・・・

しかし、天気は良好、山の景色は最高、舗装は完璧だが壁面が素掘り?のトンネルなどを楽しんできました。

f:id:katsurao:20210615115051j:plain

①キャンプ場、②秋葉ダム、③水窪町から浜松市街地のルートで走りました。

すぽんさーりんく  

動画ではスタートの秋葉神社前キャンプ場から。

公道に出るときに左折していますが、直ぐに通行止めに遭遇したのでUターンするはめに、幸先悪すぎるぞwww(泣)

直ぐに引き返して浜松方面に南下し国道152号へ、『秋葉神社前キャンプ場』の買出しにおすすめな『遠鉄ストア 天竜店』の前を通って『秋葉ダム』方面に向かいます。

国道152号:秋葉ダム

f:id:katsurao:20210615154415j:plain

右前方に見えるのが『秋葉ダム』

 

国道152号は浜松から天竜川沿いに北に延びる道です。

途中の水窪町までは快走路が続いているため、静岡県西部の人気ツーリングロードでもありますね。

写真は秋葉ダムの横を通過する所です、ダムの中心から放水されているのが確認できますが、大雨が続いた後は全門放流を見られる場合があるとのこと。

しかも、ダムの目の前に掛かっている赤い吊り橋から、かなりの近距離で観ることが出来るということなので機会があれば訪れてみたいと思います。(横に車数台の駐車スペースあり)

なお、152号周辺の道路は大雨の後に土砂災害で通行止めになる場合があるので、秋葉ダム放流の情報があった場合は周辺道路の情報を調べてからツーリングに出かけることをお勧めします。

放流は見れたけど「林道が走れない」とか、「水窪まで行くつもりだったのに」なんてことに成ったらツーリングの楽しさ半減です、安全の為にも計画的なツーリングを心がけたいですね。

水窪町から県道389号へ

『高根城』でおなじみの町

f:id:katsurao:20210615165251j:plain

水窪町のシンボル?『高根城』の本曲輪

秋葉ダムから30分ほど走ると水窪町です。

別の動画で紹介していますが、戦国時代の山城を復元した『高根城』がある町ですね。

国道152号から右折して小さな『水窪橋』を渡ると山の中を走る県道389号です。

『高根城』のある山の麓あたりは、きれいに整備された片側一車線の道路ですが、山に入るにつれ、車がすれ違うのも困難な一車線道路に早変わり、まぁそういう道も楽しく走れるのがバイクの醍醐味なんですがねwww

素掘りのトンネルを走行

f:id:katsurao:20210616105221j:plain

珍しい素掘りのトンネルが

県道389号は、静岡県の山間部に良くあるトンネルと森、渓流沿いの曲がりくねった道が続きますが、この389号はトンネルも見どころ。

壁面が平らなコンクリートではなく素掘りのトンネルなんです、なかなかこのような道を走る機会はないので貴重な体験です。

きっちり整備された普通のトンネルと違いかなり圧迫感があり『地面の中を走っている』という感覚がして結構怖かったですwww

トンネル好き?のライダーの方は是非お試しあれ。

道路沿いの渓谷

f:id:katsurao:20210615172017j:plain

県道389号沿いの渓谷①

f:id:katsurao:20210615172057j:plain

県道389号沿いの渓谷②

この道のメインイベント『渓谷』が上の写真です。

ひょっとしたら何か地名が付いているかもしれませんが分かりませんwww
(;一_一)/オイ

ここを見るために敢えてこの道を選ぶと言っても過言ではないでしょう(YouTubeに投稿した動画で渓谷の撮影シーンをご覧いただけます)

観光用に整備されていないので、車の駐車スペースは全くありません、路肩に停めると後続車が走れないくらいの狭い道です。

しかし、山側の路肩にバイク数台が停車できる程度のスペースはありますから、バイクを停めてゆっくり雄大な渓谷と豪快な水の音を楽しんで下さい。

交通量はものすごく少ないですが、狭い道なので車に注意してくださいね。(動画にバイクを路肩に停めるシーンが映っています)

自然好きのライダーにおすすめ

県道389号は山中を通る狭く曲がりくねった道ですが、山や渓谷などの大自然を満喫することが出来るお気に入りのルートです。

団体でのマスツーには向きませんが、ゆっくり走るソロツー派の方にはお勧めのルートですので、静岡県西部にツーリングを計画しているのならこのルートを目指してみてはいかがでしょう。 

↓↓↓バイクの走行シーンで撮影:YouTubeで動画を確認できます 。

洗練されたソロキャンパー向けギアブランド【ZEN Camps】

 すぽんさーりんく