よしきよの旅と投資の話

早期リタイアでサイドFIRE生活を満喫するブログ主が、簡単な資産運用情報を発信中!

 ⇩Blogランキング⇩

にほんブログ村 投資ブログへ

  にほんブログ村

  • /*大家*/
  • /*バイク*/
  • /*宝くじ*/
  • /*QYLD*/
  • /*銀行*/
  • /*レバナス*/
  • /*やらかし*/

【JリートETF】分配金の受取月を合わせで夢の毎月分配を。悪名高き「毎月分配型投信」じゃないですよ!

JリートETFから毎月お小遣いをもらいましょう!

毎月分配型の投資信託と聞くとどう思われますか?「毎月お小遣いが貰えるなんて素晴らしいじゃん」と思った方は投資未経験の方ですね。

もしも投資信託を買われている方で「素晴らしいじゃん」等と思ってしまったら勉強不足ですよ。(笑)

毎月分配型の投資信託は、支払う手数料が高く運用効率が悪い、更に税金を無駄に払う事になる等など、キングオブだめ投信として有名なのです。(笑)

とはいえ毎月現金収入が得られる事が素晴らしいのも分かりますよ。

というわけで、今回の記事ではJリート(REIT)ETFに投資して毎月分配金を貰う方法を書いています。

銀行の窓口で勧められるままに毎月分配型の投資信託を買ってしまったそこのあなた!ぜひとも最後まで読んで下さいね。

広告

Jリート(REIT)に投資できるETF

まずリート(REIT)とは不動産に投資する投資信託の事です。

不動産投資には膨大な資金が必要になりますから、一般市民がおいそれと参加できません。

そこで、不動産投資法人が資金を集めて不動産投資を行い、そこから生まれる賃貸料や売買益から分配金を受け取ることで、間接的に不動産投資が可能になるわけです。

有名なリートだとホテルに投資する『星野リゾート・リート投資法人(3287)』や『大江戸温泉リート投資法人(3472)』なんかは名前を聞いたことが有るんじゃないでしょうか。

これらのリートは60銘柄ほどが東京証券取引所に上場されており、株式と同じように売買することが出来ます。

その東京証券取引所に上場されたリート全体に投資するETFがJリートETFです。

JリートETFで毎月分配金を受け取ろう!

さて、現在私は保有中のJリートETF計3銘柄から毎月分配金を受け取っています。

保有中のリートETF3銘柄と毎月分配型の比較表

証券コード ETF名 分配月 年利回り 信託報酬
2556 One ETF 東証REIT指数 1.4.7.10月 3.15% 0.171%
1476 iシェアーズ・コア Jリート ETF 2.5.8.11月 3.45% 0.176%
1488 ダイワ上場投信-東証REIT指数 3.6.9.12月 3.51% 0.171%
A.B米国成長株投信D毎月H無予想分配金提示 28.26% 1.73%

※利回りは令和4年1月23日時点

各JリートETFは4か月ごとに分配金が支払われますが、分配月の異なる銘柄を保有すれば実質、『毎月分配型リート投資信託』の出来上がりというわけですね。

「普通に毎月分配型投資信託を買うのと何が違うの?」と思った方は、人気の毎月分配型投信(厳密には違う)と比較しましたので、表の年利回り信託報酬に注目して下さい。

毎月分配型の利回りは当てにならない

投資信託の利回りが28%越えとなっていますが、これは通称たこ足分配というもので、元本の資産を取り崩して分配金を出しているだけです。そのため、基準価格がどんどん下がり、「気付いたら元本が半額になっていた」なんて事にもなりかねませんよ。

JリートETFの分配金は不動産投資の利益からのみ分配されますので、分配金の支払いで基準価格(株価)が下がることは有りません。

信託報酬の差は歴然

保有コストである信託報酬の差は10倍です。投資で確実に利益を出すことは出来ませんが、確実にコストを減らす事ならできます。

仮に100万円投資していると、毎月分配型投信の保有コストが年間約1万7千円なのに対し、JリートETFなら約1700円ですよ。

JリートETFのデメリットも

投資信託と比べてデメリットもあります。

一株単位での購入

投資信託の場合は100円から1円単位で購入できますが、JリートETFはiシェアーズ(1476)で2000円程度、他の2銘柄は2万円程度の単位で取引です。

売買手数料が掛かる場合も

インターネット証券で投資信託を買い付けた場合は手数料無料の場合が殆んどですが、JリートETFは株式と同じ売買手数料が適用されます。

しかし、昨今は1日定額制の手数料無料サービスをやっている証券会社があるので、問題ないでしょう。現在使っている証券会社の手数料をチェックしてみて下さい。

≪GMOクリック証券≫1日定額プランなら約定金額100万円まで信用取引手数料0円

まとめ:毎月分配金が欲しいならJリートETFで

毎月分配金が欲しい気持ちはよーーく分かります。しかし、わざわざ悪名高き毎月分配型の投資信託を保有する必要はありません。

JリートETFの分配金支払い月を調整して保有すれば、低コストで毎月分配金が受け取ることが可能なんですから。

取引単位や売買手数料など、若干のデメリットも有りますが無駄な保有コストを払い続ける事に比べたら些細な事です。

もしも銀行で勧められるままに毎月分配型の投資信託を買ってしまったのなら、この記事にたどり着いたのを期に『自作毎月分配型JリートETF投資信託』に乗り換えてみませんか?

銀行の窓口で投資信託を買ったならダメ投資信託かもしれませんよ。www.katsurao.info

どの証券会社があなたの投資スタイルに合っていますか?【米国株・ETF】www.katsurao.info

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
ブログランキングに清き一票を!

広告