よしきよの旅と投資の話

予定よりも早くサイドFIREに突入した独身貴族のブログ主です!総資産4400万円でどこまで優雅な生活を送れるのか?我が愛車「ロイヤル エンフィールド(インド製)」を駆っての旅や投資情報を発信中!

↓↓↓おすすめ記事↓↓↓

【ツーリング】静岡県の大井川に架かるギネス認定の「蓬莱橋」へ、アクセスは駐車場が有る東側へ!

大井川に架かる「蓬莱橋」(静岡県島田市:全長897.4メートルでギネス認定)へ行ってまいりました。アクセス手段はもちろん、愛車のインド製バイク「ロイヤルエンフィールド ブリット500EFI」を駆ってのツーリングです。

 ロイヤルエンフィールドで蓬莱橋へ

茶畑の中を走る

f:id:katsurao:20210414111228j:plain

茶畑の中を走る(GoProで撮影)

一回の旅行に数万円のカメラはもったないですよ。
DMM.com いろいろレンタル

f:id:katsurao:20210414111338j:plain

茶畑の横で小休止

蓬莱橋は自宅のある浜松市から1時間ほどなので日帰りツーリングには少し近いくらいですが、途中から主要道路の国道一号線を離れて、お茶の名産地である牧ノ原台地を走りました。

茶畑の間を通る道は狭く行き止まりも多いので車で走るにはナビが必要なのですがバイクなら心配無用、行き止まりでも簡単にUターンできるので心配無用です。
\(^_^)/

蓬莱橋の897.4Mで厄無し(ヤクナシ)で縁起が良い?

f:id:katsurao:20210414114108j:plain

平日だったので人もまばら(重機が視界に入るのは残念?)

f:id:katsurao:20210414114148j:plain

大人気漫画「ゆるキャン△」に登場

蓬莱橋は世界最長の木造歩道橋です。全長897.4Mで「ヤクナシ:厄無し」また「長い木の橋:長生きの橋」と大変縁起の良い語呂合わせができるので、渡るとご利益があるかもしれません。(大人100円 子供10円 東側にある茶屋の窓口で支払います)

往復で2キロ弱歩くことになりますが、天気が良ければ最高のお散歩になるでしょう。

平日に訪れたので人はまばらでしたが、土休日は混雑することもあるみたいです。

注意:駐車場があるのは東側だけ

私は大井川の浜松市側(西側)を目指したのですが、細い下り坂を通って入口に到着するも駐車場は無し(泣)

何とか邪魔にならないように道路の隅に停めることが出来ましたが、もしも多人数でのマスツーや車だったら相当難儀したことでしょう。(車だとUターンも大変)

蓬莱橋には必ず橋の静岡市側(東側)からアクセスして下さい!

静岡市側はちゃんと観光用に整備されていますので駐車場や茶屋、お土産屋さんもあります。

「ゆるキャン△」にも登場

なお、この蓬莱橋は超絶大人気漫画「ゆるキャン△」(アニメやドラマでも大人気)に登場した由緒正しき?橋ですので、漫画の聖地巡礼スポットでもあります。

周辺の寄り道スポット

ツーリングに出かけた時は予想以上に早く着いて「そのまま帰るのはもったいない」なんて事が良くありますよね。

そんなわけで「蓬莱橋」近くの寄り道スポットを紹介します。

塩郷の吊り橋(こちらも「ゆるキャン△」聖地)

f:id:katsurao:20210414122915j:plain

高所恐怖症の人には厳しいかも

f:id:katsurao:20210414122949j:plain

世にも珍しい民家の上を通る吊り橋

蓬莱橋の駐車場からバイクで40分ほどなので「もう一走り」と思った時にいい感じの距離です。

駐車場もあるので車やオートバイを停めるスペースに困ることもありません。蓬莱橋と違って吊り橋なので揺れます(当たり前?)

吊り橋の下には地元のローカル鉄道「大井川鐡道」が走っていますので、運が良ければ蒸気機関車(SL)が走る姿を橋上から見ることが出来るかもしれません。

なお、くどいようですがここも「ゆるキャン△」に登場しています(笑)

走行動画をYouTubeに投稿

大井川周辺を走ったツーリング動画をYouTubeに投稿しています。アクションカメラのGoProをネックマウントで撮影していますので、実際にツーリングしている気分を味わってみてください。


浜松市から蓬莱橋へ向かうツーリング↓↓↓
www.youtube.com

お茶の名産地「牧ノ原台地」をひたすら走り回る動画↓↓↓
www.youtube.com

スポンサーリンク  

浜松市から塩郷の吊り橋に向かうツーリング↓↓↓
www.youtube.com

塩郷の吊り橋から大井川鐡道千頭駅へ向かう動画↓↓↓
www.youtube.com

 

↓↓↓撮影に使用しているカメラ 

 ↓↓↓使用している360度カメラ 

Royal Enfieldの記事は↓↓↓、アイコンが初代新幹線になっているのは気にしないで下さいwww
www.katsurao.info