よしきよの旅と投資の話

セミリタイア生活を満喫するブログ主が簡単な資産運用情報とインド製バイクでのツーリング動画を発信中!

↓↓↓おすすめ記事↓↓↓

【高配当株投資】順調に含み益が出ていても心配で仕方ないですよね?暴落への備えはしてますか?

f:id:katsurao:20210208200909j:plain

高配当株投資が順調すぎる?

最近は「○○が上昇していますね」から記事を書くことが増えている感じがしますが、今日も例にもれず

「日経平均が上昇していますねwww」

この記事を書いている2月8日の前場が終了した時点で、前日比+598.99円の好調ぶりです。

ほとんど毎日、「もうすぐ暴落が来るから・・・」などと考えて、債券の比率とかを考えているんですが、ありがたいことに資産の評価額は増えるばかりです。

すぽんさーりんく  

浮かれてはいけません

私の資産運用は投資信託(米国株式や全世界株式)へのインデックス積立投資がメインなのですが、配当金目当てで日本の高配当株にもかなりの額を投資しています。

日本の高配当株への投資は賛否両論ありますが、私としては個別株は配当金狙いがベストと考えていますね。

個別株は投資信託やETFと違い大きなキャピタルゲインを狙うことが出来ますが、そんなものはとてつもない幸運に恵まれた場合だけです。「宝くじ」と同じです。

大した知識もなく、投資に充てる時間も満足に取れない個人投資家が狙って出来るものではありません、それならばと株価下落の危険があるとはいえ、ある程度の配当金が得られる高配当株を保有しているわけです。

「宝くじより確実に手に入る小銭です!」

想定外の含み益も

現在は少額ずつ計75万円を50銘柄に分散しています。(SBIネオモバイル証券だと安価な手数料で単元株以下購入可能)

日経平均上昇の恩恵で、さほど重要視していなかった含み益が、順調に増え評価額は85万円、プラス10%オーバーは出来すぎですね。
(#^.^#)/

受け取る配当金の利回りは4%弱ですので月で割ると2,500円程度、大の大人が受け取るお小遣いとしては物足りない額ですが、まだまだ「お金の生る木」を育てている途中ですので、気長に買い増していこうと思います。

1株単位で買える証券会社↓↓↓
SBIネオモバイル証券 口座開設

買い増しで購入単価を下げる

さて、私は毎月5万円ずつを高配当個別株を追加で買いましているのですが、難しいのは買い時です(当たり前?)

インデックス投資では株価を気にせず粛々と同額を買い増すという、投資初心者の最強の武器「ドルコスト平均法」を駆使できるのですが、高配当株でこれをやってしまうと「株価上昇で割高になった株を買い増し」なんてことに成ってしまう危険があるんですよね。

それを防ぐためにある程度ルールを決めて買い増しをしています。

保有額が少ない銘柄をチェック

まず現在保有中の50銘柄のうち評価額の低い銘柄から10銘柄を選び5,000円を超えない額で買い増しします。

投資信託と違い一円単位で購入することは出来ませんから必ず端数が出ます、残った端数の資金で含み損が大きい銘柄を買い増すことで、購入単価を下げ、暴落に備える事にもなります。

もともと保有している高配当株は長期保有に耐える銘柄を選んでいますので、「含み損は買い時到来!」なのです。

保有中の銘柄割合を直したい

さて高配当株の投資は順調でありがたい限りなのですが、、構成銘柄が偏ったままになっているのがチョット心配です。

f:id:katsurao:20210208185228p:plain

「卸売業」と「建設業」の銘柄が少し多いような気がするので、割合を減らしたいところです。

高配当株投資に適しているのは、株価の大きな上昇は見込めないが不景気でも影響が受けにくい銘柄が理想ですので「食品」「医薬品」「電力・ガス」を増やしていきたいのですが、現実は高配当の銘柄が少なくなかなかうまくいきませんね。
(´;ω;`)ゲンジツハ・・・

含み益が出ているなかで銘柄の構成比で悩むなどぜいたくな悩みですが、いずれ来るであろう暴落に備えて、今の内から準備していきましょう。

その日が一日でも遅く来ますように・・・

 

暴落対策に金投資もいかが?