よしきよの旅と投資の話

予定よりも早くサイドFIREに突入した独身貴族のブログ主です!総資産4400万円でどこまで優雅な生活を送れるのか?我が愛車「ロイヤル エンフィールド(インド製)」を駆っての旅や投資情報を発信中!

↓↓↓おすすめ記事↓↓↓

【つみたてNISA】売却の事を考えていますか?増やすのも重要だけど、お金は使ってナンボです!

本日、「つみたてNISA」で初購入しました。投資先は【SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド】で、人生初の「つみたてNISA」利用です。

「えっ?投資ブログやってるのに、自分は利用してなかったの?」と思ったそこのあなた!

ちゃんと一般NISAを利用してますよ、自分がやりもしないのに適当に投資記事を書いてるわけじゃありませんからね。lol
(;^_^A

SBI証券[旧イー・トレード証券]

私のNISA利用は、最初の4年間を一般NISAで利用し、最後に「つみたてNISA」に移管して長期積立投資のメリットを享受しまくるという崇高な計画なのです。

結構、合理的なNISAの使い方だと思うのですが、他の投資ブログを見ても、あまりやっている人がいないみたいで、ちょっと心配ではあります。

実は私が知らないだけで大きなデメリットがあるのかも・・・NISA制度に詳しい方で時間的に余力のある方がいらっしゃいましたら、コメント欄でドシドシご指摘いただけたら幸いであります。
m(__)mペコ

f:id:katsurao:20210129185416j:plain

投資信託売却に備えて準備していますか?

さて、私のブログをチェックしてくださっている皆様は、「つみたてNISA」を継続している方が多いと思いますが、退職して資産を売却し、お金を使う時のことを考えていますでしょうか?

やっぱり資産を増やすことが最優先、使うことを考える事なんて後回しにするのが普通ですよね。

投資信託を取り崩す判断は難しい

投資信託で資産をどれだけ増やしても使わなければ意味が有りません。

いずれ資産を現金化しなくてはならないのですが、今まで何十年も、ただただ積み立てを続けてきた堅実な投資家が資産の売却に抵抗を感じないはずが有りません。

会社を退職し年金生活に突入したならば

「一括で現金化するべきか、少しづつ売るべきか、株価がもう少し上がるかもしれないし、でも明日暴落したら・・・」

などとエンドレスで答えの出ない思考を繰り返し、最後は「将来が不安だから、必要最低限の額だけ売ろう」となってしまう可能性が高いのです。

何のために堅実な投資をしているの?

「つみたてNISA」等で長期積立投資を継続している人の多くは「将来の不安をなくすため」に投資をしているのだと思いますが、いざ使う段階になって「将来が不安だから・・・」では長年の積立が無意味になってしまいます。

「大きな不安」が「ちょっとマシな不安」になるだけでなんて悲しいですよ!
正に「何のための資産運用だぁー!!」です。
(´;ω;`)ウゥゥ

スポンサーリンク  

積立投資の出口戦略は

老後の生活スタイルは人それぞれですが、生活様式は、「年金でギリ生活できるが、資産(退職金も含む)の取り崩しを趣味や娯楽に充てて豊かな老後を・・・」を想定して3つの可能性を上げてみました。

使う時に売却:おすすめ度-

愚策中の愚策です!最初は数千万円の資産が有るので、自分が無敵状態になったと勘違いしてしまいます。

無駄な浪費で長年築いた資産を食いつぶしてしまう可能性大です!
気が付いたら「年金頼みの生活で老後を楽しむ余裕が無い(泣)」なんてことに成りかねません!

せっかく健全な積み立てでコツコツ資産を増やしてきたんです、どんなショボい計画でもいいので売却計画を立てましょう。ご利用は計画的に!
(; ・`д・´)

定額で売却:おすすめ度-△

毎月、定額の現金が手に入るので生活の計画が立て易いというメリットがあります。

しかし、投資信託が上がり続ければ資産の目減りを感じることも少ないですが、株価暴落で資産が目減りしてしまうと、不安から売却額を減らしたくなってしまうデメリットも・・・
一度計画を変えてしまうと、なし崩しで無計画状態なんてことに成りかねません。
(-ω-;)ウーン

定率で売却:おすすめ度-〇

定額ではなく定率で売却す方法で、有名なのが年4%ルールですね。

評価額の4%を毎年売却していくと、投資信託の評価額が下がっているときは売却する額も減るので、定額で売却するよりも元本が棄損するリスクを下げられるメリットがあります(毎月だと約0.33%)

さらに保有中の投資信託も、評価額の上下を繰り返しながら、長期的には値上がりすることが予想されるので、資産の減り具合はさらに緩やかになるでしょう。
 投資信託評価額
●2,000万円×4%=年80万円
●2,500万円×4%=年100万円
●3,000万円×4%=年120万円

定額での売却は使える額が一定でないので計画が立てづらいのが難点ですが、年金で生活が保障されているのならば、元本を減らさないことの方が重要です。

まとめ

長年コツコツと投資信託を積み立てていると資産を増やす事ばかりに目が行って、売却する時のことなんか考えられません。

退職時には、ある程度の退職金を期待できる人も多いと思いますが、突然手に入る大金で舞い上がってしまうと謎の行動に出てしまうものですから、前もって売却プランを決めておくことが必要です(個人的には定率での売却をおススメ)

衝動的な家の改築とかやめて下さいねwww

コツコツ積み立ててきた資産や退職金を有効に使うか、ドブに捨ててしまうかは、今のあなたの準備次第ですよ!

 スポンサーリンク  

www.katsurao.info