よしきよの旅と投資の話

予定よりも早くサイドFIREに突入した独身貴族のブログ主です!総資産4400万円でどこまで優雅な生活を送れるのか?我が愛車「ロイヤル エンフィールド(インド製)」を駆っての旅や投資情報を発信中!

↓↓↓おすすめ記事↓↓↓

SBI証券の「買付手数料キャッシュバック」が微妙すぎ、やっぱりSBIネオモバイル証券がお得

この記事を書いているのは1月7日、ついこの間まで「HAPPY😁NEW✨YEAR🎍」とか言ってたのですが、気付けば普通の平日に戻ってしまいました。

f:id:katsurao:20210107203230j:plain

S株(単元未満株)買付手数料キャッシュバック

そんな中でSBI証券からS株(単元未満株)買付の手数料全額キャッシュバックの情報が出ています。キャンペーン名が「1株からトウシ(牛?)できる!」なのが・・・(笑)

キャッシュバックは買付手数料のみ

公式ホームページの情報によると、2021/1/4(月)~2021/1/29(金)の期間中、S株(単元未満株)で株式を購入する時の手数料が全額キャッシュバック(利用制限無し)されるそうですが・・・
※【約定代金×0.5%(税込0.55%) 最低手数料:50円(税込55円)】

なんとも微妙な感じです↓↓↓

  • あくまで期間限定であり、来月はどうなるかわからない
  • キャッシュバックは買付のみで売却時は普通に手数料がかかる
  • 返金は2月中旬になるので資金効率が悪くなる(わずかな額ですが)

すでにSBI証券で投資信託の積立をやっている人が個別株式への投資に慣れるために「損失覚悟のお試し投資を少額でやる」というなら十分使い道があるとも思いますが、逆に言えばそれぐらいしか使い道が無いとも言えますね。

手数料はそれでも割高?

複数株に少額づつ投資することで、リスク分散にならないこともないですが、そのために無駄な手数料を払ってしまったら本末転倒です。

豊かになるためのリスク分散であり、株式投資なんですから。

単元未満株に投資できることは資金力に限りのある一般個人投資家にはありがたいことです。

しかし、あくまで単元株購入と同程度のコストで購入できるならばの話ですよね。

SBIネオモバイル証券に口座開設を

「どうしても単元未満株で買付けたい!」ならばSBI証券のS株利用ではなく、新たにSBIネオモバイル証券に口座を開設することをおススメします。

取引手数料は一か月の約定合計金額50万円までは220円ですが、毎月200PのTポイントが受け取れるので、それを株式購入に充てれば、実質20円と格安です。

SBIネオモバイル証券 口座開設

複数の証券会社を利用のメリット

新たにSBIネオモバイル証券に口座を開設することは手数料以外にもメリットがあります。

証券会社が倒産した時の保険

現在、いくつの証券口座を使っていますか?万が一にも利用している証券会社が倒産してしまったら・・・
預けている資産は証券会社の資産とは別に分別管理されていて、仮に証券会社が倒産したとしても守られることになっています。

しかし、それには色々と手続きが必要になるでしょうから、時間的な損失を被ることになりかねません。

金融サービスに詳しくなれる

SBI証券の「S株買付手数料キャッシュバックキャンペーン」を知って、利用してみようと思った方々の多くは、SBIネオモバイル証券で単元株未満の取引が格安手数料で出来ることを知らなかったのではないでしょうか。
複数の口座を持つことは、色々な金融サービスを知る機会にもなります。お金の情報に詳しくなるためにも複数の証券会社を利用した方がお得です。

資金移動の間に冷静になれる?

これは人に寄るかもしれませんが、私の場合は結構大きい事です。新たに「買い!」だと思う銘柄やETFを見つけた場合に、すぐに注文を出したくなるんですよ。しかし、衝動的な注文は裏目に出ることが多いんです。
複数の証券口座を利用していると資金移動の間に「あれ、チョット待ってみよう」という気になることが多いのです。これで結構損失を回避できました(笑)

まとめ

SBI証券の「S株買付手数料キャッシュバックキャンペーン」は売却手数料を支払う必要があるため、単元未満株の購入はSBIネオモバイル証券にのサービスを利用をおススメします。

複数の証券口座を持つことは証券会社倒産のリスク回避や金融サービスに詳しくなれる等のメリットがあります。

口座の開設はさほど手間はかからないので、とりあえず開設だけでもしてみたらいかがでしょうか

SBIネオモバイル証券 口座開設

 SBIネオモバイル証券は高配当株投資にもおすすめ!↓↓↓

www.katsurao.info