よしきよの旅と投資の話

予定よりも早くサイドFIREに突入した独身貴族のブログ主です!総資産4400万円でどこまで優雅な生活を送れるのか?我が愛車「ロイヤル エンフィールド(インド製)」を駆っての旅や投資情報を発信中!

↓↓↓おすすめ記事↓↓↓

【GPIFと同程度のリスクで高利回り?無理じゃね?】マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンド はどうなの?

 ブログ主は絶対買わないと断言できる!

のっけから断言してしまいました。まずファンド名に「レバレッジ戦略」なるものが入っている時点で怪しさ大爆発、かなりの高リスクファンドなのでしょう、しかし、大和証券のファンド紹介ホームページには以下の記述が。

ファンド年金などの長期運用に適した10%程度のリスク水準を維持し効率的にリターンを積み上げる!世界最大の年金基金であるGPIFが基準とする資産配分と同程度の水準です。

年金基金と同程度のリスク水準でどうやって高リターンを出すの?

年金基金の運用と同程度のリスクで効率的にリターンを狙うそうですが、リスクが同じぐらいなら当然リターンも同じぐらいじゃないの?

目論見書を見ると「株と債券同時下落の兆候を察知して・・・!」とか堂々と書いてあるけど、その時は年金基金も察知してるでしょ。

ローリスクハイリターンなんて幻想です。

しかも、年金基金ファンドは株や債券を直接買い付けられるだけの膨大な資金があるから信託報酬を気にしなくて良いですが、一般投資家はそうはいかない。

更にこの投資信託は割高信託報酬で有名なファンドオブファンズの投資信託だから信託報酬も脅威の2%越え!

トドメに購入手数料が3.3%、無理やりお勧めポイントを見つけてくれと頼まれても困るレベルですよマジで!

マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンド

投資先 世界各国の株価指数先物、債券指数先物 
購入手数料 3.3% 大和証券
信託報酬(その他費用除く) 2.1875%.
分配金 なし
信託財産留保額 なし
最低購入金額 100円

 

この記事で書いた地雷ワードがほとんど当てはまる↓↓↓

www.katsurao.info

スポンサーリンク  

超長期投資を目指す年金基金とヘッジファンドは水と油

 年金基金(GPIF)の最大の武器は超長期投資です。目先の含み損を気にせず100年以上先を見据えて運用する必要があります。(含み損が出ると自民党嫌いの人が大喜びしますが)

逆にレバレッジを掛けるような投資信託は超短期勝負です目先の利益を取ってなんぼの世界です。

まさに水と油、この投資信託を作った人は「年金と同じ運用で安心ですよ」と宣伝して投資初心者に売りつける狙いだったのでしょう。

割高信託報酬を見るにとても長期投資を見据えた投資商品ではありません。

もしも友人がこの投信を買おうとしていたら?

まず反対する前に何故これを買おうと思ったか小一時間問い詰めたいぐらい!その後で代案を出すとすれば「iFree 年金バランス」

信託報酬0.1749%の激安で年金と同じ運用を目指している投資信託です。

超長期を目指す年金運用と個人の老後対策が必ずしも一致しないとは思いますが安心感を重視するならばありかな。

当然ローリスクなのでリターンも低いがそもそもそれが当たり前!年金運用に惹かれた人ならば一考の価値ありです。

友人がもしもローリスクで儲けたいと言ったら掛ける言葉はただ一つ

「他の奴に聞いてくれ!!!」